FC2ブログ

選択中

シロンは自分で出せないので、シロン用にさやが選んだのはこの2つ。
IMG_01680.jpg
ふわっとしたブッセとセサミクッキー。よーするに…自分が食べたくないヤツをシロンにあげようってわけですね…さやはゴマが苦手。
IMG_01690_201902281104038c9.jpg
とりあえず、袋の上からにおいチェック!
IMG_01700.jpg
どっちがいいでしょーか??
IMG_01710_20190228110405cc3.jpg
どっちでもいいから、さっさとくれ~~!なシロンくん。訴えてます・・・
IMG_01730_2019022811043666c.jpg IMG_01740_201902281104387e5.jpg
しかし、まだもらえていない。ずいぶん、待ての時間が長いこと。
IMG_01760_20190228110439680.jpg IMG_01770.jpg
ブッセにしますか?セサミクッキーにしますか??
まだチェックしているだけで、袋を開けてもらえないのだった。
シロンの顔はセサミの方にくんくんいってるけど、結局どっちを開けてもらえるのやら・・・

2週間前に受けてそのまま結果を聞きに行っていなかった血液検査。
1週間くらいで結果が出たら電話します・・・ってことだったけど、連絡ないし、薬がなくなったので直接病院へ。
カルシウムの値が上がるのは、悪性腫瘍の骨転移が怖い。PTHrPが高いと体内のどこかに悪性腫瘍がある・・・ってことだったけど、値は低かった。
カルシウムが高い状態でPTHが高いと上皮小体機能亢進症と言われたけど、それも値が低いので該当せず。

電話をしてくれていたらしいけど、どーもいなかったようで・・・そういえば、突然「癌でした!」って留守電でも入っていたら怖いので留守電入れてなかったから留守だと電話受けられませんわ。さやを試験場に連れて行ったり、シロンの散歩に出ていたり…電話は午前中にお願いします!と言っておきながら、けっこういなかったかもしれない・・・悪い患者だ。
次は違うホルモンの検査をもう1回。
ただ、その検査に該当する病気だと、普通はもっと元気がないらしい。
看護師のお姉さんにシロンちゃんは元気がいいからもっと若いと思ってしまうけど、もう14歳なんですよねー見えません…と言われつつも、今月14歳になったハイシニア犬なのだ。
スポンサーサイト



テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

クッキーを狙う犬

クロワッサンを食べていたのと同じ日、9月29日。
IMG_01420_20190227215049daf.jpg
クロワッサンは朝ご飯、これは3時(にはちょっと早いけど)のおやつ!
IMG_01480_20190227215139cb8.jpg IMG_01490_20190227215140d0d.jpg
くんくんくん・・・これは何でしょう?? きっとおいしい食べ物ですね!って顔のシロンくん。
IMG_01510_20190227215141c5a.jpg IMG_01520.jpg
ほれほれ!っと前足で取ろうと努力していたけど、取れない。
IMG_01540_20190227215050250.jpg
取れません。。。
IMG_01560_20190227215052029.jpg
取ってもらえないでしょーーか?と訴える犬。
IMG_01590_2019022721505301a.jpg
さやに取ってもらいなさい。
IMG_01650_20190227215055575.jpg
箱を傾けて、中身の説明を始めるさやと確認中のシロン。
IMG_01660_20190227215257f58.jpg
おやつがいっぱい入ってます!
いっぱいでもないけど・・・選択肢はいくつかありますね。いただきもののパティスリーキタガワの焼き菓子。
IMG_01670_201902272152597db.jpg
甲陽園のツマガリで修業した人が大津で開いたお店。ツマガリのクッキー大好きだけど梅田か甲陽園まで行かないと手に入らないから(今は通販もやってるけど)・・・
自分で買うとワンパターンのいつも同じようなやつになるけど、今回は人からもらったから普段食べたことのない種類が多いですよ。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

パン食い犬

IMG_01190_20190226211908253.jpg
パン1切れに手間取る犬。
IMG_01200_20190226211909601.jpg
お、このぶれっぶれの写真は・・・シロンが必死にパンを食いちぎった瞬間ですね。
IMG_01210_2019022621191150a.jpg
クロワッサンを食べているようだ。油分多いのに・・・
IMG_01220_2019022621191296c.jpg
食いちぎって持って行った方は終わったのか、さやの手に残っていた方を食べ始めているけど、ちまちま…って感じで全然豪快さがない。
特大サイズのポメなのに、全然ガツガツ食べない犬。ちびちび・・・
IMG_01250_20190226211914af6.jpg
そんなの舐めてなくていいから、がぶっといきなさいよ。
IMG_01270.jpg
はむはむ。。。のんびり、ゆっくりだ。
IMG_01280_2019022621194377e.jpg
あ、よいしょっと。。。クロワッサンは軽いから、口にくわえて持っていけたようだ。
IMG_01300_201902262119450fb.jpg
ん?ひとかけ落ちました。
IMG_01310_20190226211946476.jpg
皿の中にはもうないのか??
肉じゃなかったら、机の上でも落ちたものは食べない犬・・・
IMG_01320.jpg
拾ってくれ~~~ 机の上に落ちた程度なら拾ってもらえば食べる。外で落ちたものは肉であっても見向きもしない。
IMG_01370_201902262132387bb.jpg IMG_01380_201902262132402e6.jpg
胸毛にブラシをかけて、カスを取り除いて終了!

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

さやと

IMG_01010.jpg IMG_01020_20190225181909fda.jpg
兄ちゃんの次はさやにつかまってる写真だった。
IMG_01040_2019022518191028f.jpg IMG_01090_20190225181932085.jpg
どうせ抱っこされるなら、若い女の方がいいシロンくん。。。ご機嫌です。。。
シロンが寝ているのはシロン小屋ではなく、母のパソコン椅子の下。
ここはフローリングが剥き出しになっているから、カーペットの上で寝るよりも冷たくて気持ちがいいのでしょう。なにせ、まだ冷房がついている時期の写真ですから…(9月26日)
IMG_01110_20190225182010965.jpg
日が変わって9月29日。食べ物をにらんで真剣な顔のシロン。
IMG_01120_201902251820110c0.jpg
パンのようですが・・・とりあえず噛みついてみる。
IMG_01140_20190225182013d6b.jpg
が、うまく噛みきれなかったようで、舐めてみる。
IMG_01150_20190225182014284.jpg
もう1回頑張って噛んでみる。
IMG_01160_20190225182016f30.jpg
。。。噛みきれません。。。
シロンは物を噛みきる力が昔から超弱いから、こんなパンですら噛み千切ることができないのだ。
口の中に入るサイズに切ってもらったものを食べるのみ。物を口にくわえて運ぶこともしないお坊ちゃま犬。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

仲良し?+箱入りシロン

兄ちゃんはあっという間に帰って行ったので、家にいる間はシロン抱っこ、抱っこ~~
IMG_00740_20190224214033023.jpg IMG_00780_2019022421403556d.jpg
兄ちゃんとは仲良くないんですけどーーーたまのことなので、許してやろう。。。
IMG_00790_20190224214036dde.jpg IMG_00800.jpg
兄ちゃん、いくらシロンがかわいいからといっても、食べないでください!
DSCN66690.jpg
シロン小屋に頭を突っ込んで、どて~~っと寝ている犬。
DSCN66720.jpg
上がっているその足は疲れないのだろうか?
DSCN66750.jpg
別角度から見ると、頭はほぼ箱の内側だけど、足だけじゃなくて体半分は飛び出しているよーに見える。
DSCN66770.jpg
突起物のような小さい足。そんなに短足じゃないはずなんだけど短く見える。
DSCN66780.jpg
おや、仰向けからコロンっと転がって体勢が変わった。
DSCN66790.jpg
さっきよりだいぶ体が箱の中に収納された。
DSCN66820.jpg
ぐいっとお尻を押し込んで、全部箱の中に入ったようだ。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

ベッドの上

IMG_00470_201902231436470f6.jpg IMG_00480.jpg
兄ちゃんには喧嘩売る犬のくせに、久しぶりに会ったら同じ布団に入っていた。
IMG_00500_20190223143759680.jpg
刺身をいっぱいもらったから、機嫌がいいのかもしれない。
それにシロンももう若くないから、兄ちゃんと順位争いしなくても・・・って感じになってるかも。
IMG_00550_2019022314364982c.jpg IMG_00570_20190223143651832.jpg
こいつは僕より下です・・・かもね。
他の人が仕事に行ったり、買い物に行ったりしていなくても留守番しているシロンは家にいる時間が一番長いですから~
IMG_00580_201902231438015bd.jpg
家中僕のテリトリーなわんこさん。
IMG_00600.jpg
ここは自力で上がれなくなっていたから、久しぶりに上に行けてよりいっそう嬉しい?
IMG_00640_20190223143652edb.jpg IMG_00660_20190223143715de3.jpg
ポメにしては極太と言われるシロンの足だけど、胸のぼわぼわ毛のボリュームから見ると、とても細くて頼りないい足に見える。
IMG_00670_20190223143717ac9.jpg IMG_00690.jpg
ポメにしては極太なだけで、他の犬と比べたら極細な足だな。

北海道警察が鳩山由紀夫元首相のツイートを流言飛語認定したって話題になっていたので、どんな内容かと思ったら・・・
北海道厚真町の地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによるものではないか・・・・・・って話。
被害者に対して不謹慎だとか何かって言われているけど、この話題は地震の前にも言ってるから、本当に関連しているなら、詳しく調査するべき事項だと思いますけど。
絶対に政府は認めないだろうけど、東大の大学院、工学部卒の元首相が言ってるんですから、是非とも関連性を調べて欲しいものだ。

厚真町の山崩れの仕方がとても変わっていて、普通の地震っぽくなかったから、何か通常の地震とは違う力が働いたのでは?って雰囲気があった。母は阪神淡路大震災は明石海峡大橋の建設と関連していると思っている人だから、北海道の地震も人為的なことが引き金になっている可能性はあると思うのだ。
しかも中越地震もこのCCSってのが関係しているのではと以前から言われていたというし、2012年の記事でCarbon capture and storage likely to cause earthquakes, say Stanford researchers ってのがありましたよ。
これとはべつに、米国学術研究会議(US National Research Council)は、水圧破砕法(ハイドロ・フラッキング)によって地震が発生する可能性は低いが、CCSには「比較的大きな地震事象を誘発する可能性がある」と発表している、とも書かれていた。
発表から数年経過しているけど、その後、研究は進んだのか?CCS開発に都合が悪いのでやめさせられたのか・・・??
CCSもそうだけど、リニアで南アルプスに大穴開けるのもやめて欲しいわ。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

兄ちゃんと

IMG_00230_20190222205921f11.jpg
ピントが・・・シロンじゃなくて、マグロ…
IMG_00320_2019022220592336a.jpg
顔が食べ物の反対側を向いているのは、見ると食べたくなるから、背けているのだ。
IMG_00330_20190222205924337.jpg
だんだん顔が崩れてひどくなってきた。。。早く食べたいです!!なシロンくん。
さや1人分にしては寿司の数が少ないから、あまりもらえないよーな気がするけど。
翌日 ↓
IMG_003400.jpg
マグロの数がかなり増えた。出来上がった寿司だけじゃなくて、短冊も買ってきたから、今回はまぐろ食べ放題ですよ。
手前のマグロ2切れがシロンの最初の取り分。
サーモンも短冊で買ってきているのに、シロンの分には入ってないな。
IMG_00400.jpg IMG_00420.jpg
9月23日・・・三連休に兄ちゃんが免許更新のためにわざわざ仙台から戻ってきたのだ。
優良運転者なので他府県での更新も可能なのだが、片道900㎞くらい新幹線移動して帰ってきたヘンなヤツ。
魚を見ないように努力するシロン。見たら食べたくなる~~~
IMG_00430_201902222100520c1.jpg
サーモン入りの皿は兄ちゃんの分ですよ、シロンくん。
たくさんのっている皿の方に移動していってご機嫌ですけど・・・シロンのはマグロ2切れだけですって。
酢飯も食べれる犬だから、中トロ握りももらえるかもしれないけど、いっぱいのってるのはシロンの分じゃありません!
兄ちゃんは福島原発が近いから…ってことで、仙台で海産物はいっさい食べていないらしい。水とお茶もペットボトルを箱買い。
けど、マグロなんか冷凍の遠洋物だったら、どこで買っても似たようなもののような気がするけど・・・
海のない滋賀県でマグロを山盛り並べて食べていた。
DSCN66610.jpg
家にいる時に兄ちゃんが使っていたロフトベッドは父ちゃんが横浜に持って行ってしまったので、その中に並べられていたガンダムや本が行き場なく箱詰めされて転がっている。
ちょっといるものといらないものを確認して、処分できるものはしたいんですけど~~ってことで、選別中。
IMG_00450_2019022221013208c.jpg
布団の中に入って、ご機嫌シロンくん。
12歳までは自力で飛び乗れていたけど、マットレス山積みで60㎝以上高さがあるので、さすがに13歳は飛び乗れなくなった。
DSCN66630.jpg
この部屋のエアコンはとても旧型で設定温度無視して(?)、やたら冷やしてくれるのでシロンが寝そべっている位置はとーーっても涼しいのだ。
古くて電気代が高いからさっさと取り替えたらいいんだけど、このベッドの向こう側にパイプの穴があるから、工事してもらうのが面倒くさくて、動くからまだいいか…といつまでも取り替えていないのだった。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

広がりすぎ

なぜかとてもぼっさぼさのシロン。
IMG_99860_20190221182423648.jpg IMG_99900_2019022118242513b.jpg
ちょーーっといつもより激しく乱れていますけど。。。
毛の色は違うけど、アン・ルイスのようにも見える…あ、母はアン・ルイス好きなんで・・・
IMG_00020.jpg IMG_99950_20190221182752c92.jpg
1日経っても、前の方は相変わらずぼわんぼわんな気がする。
背中の方はどーってことないけど、胸の毛が湿気で爆発中ーーって感じ。
IMG_00140_201902211826131ed.jpg
腹毛もぶっ飛んでます。
段ボールいっぱいに詰まった犬。
DSCN66530.jpg
後ろ足をパカ~~っと開いて、ムササビのよう。
ムササビは1㎏程度の重さしかないらしいんで、シロンは比べ物にならないくらい重いですけど。
DSCN66560.jpg
何百mも滑空するのは、不可能です!!
この前、父ちゃんが駅前でアライグマに遭遇したんだと。木に爪を立てて登っていくような気配がして、葉がゴソゴソっと音を立てたから、猫程度ではなくサルでもいるのかと思ったら、木の上にしましま尻尾の動物が。。。
あれは間違いなくアライグマ!
暗くて写真は撮りそこねたそーだが、駅前の木の上にアライグマがいたんだと。
日本各地にアライグマは生息しているっていうから、どこにいても不思議じゃないけど、家の中に入ってこられたら嫌だわー危険、危険。
近くに山とかないですけどねー駅前にアライグマ出没って。。。
近江八幡の町中に住んでいる人が、家のベランダでゴソゴソ音がするから、猫でもいるのかと思ったらアライグマがいて、どうしたらいいのかわからなくて困ったって話をしていたのを数年前に聞いたけど、こっちにも進出してきていたのね…誰かが連れてきて放ったのか、道路を歩いてやってきたのか?なぜ駅前に??
IMG_00190_201902211826159e7.jpg
横にぬいぐるみのクマを入れられて、ぎょ!っとした表情のシロン。
クッションに埋もれていて、きっとぬいぐるみの方向は見えていないだろうから、何をお腹にのせられたのかわからず、驚いたんでしょう。
このクマだったら、問題ないです!
シロンの腹毛は白髪化して色がだいぶ違ってしまったけど、このクマはシロンの毛色とそっくりだったのだ。
腹は白くなったけど、背中の毛は昔より色が濃くなっている気がする。

さや21歳にして、やっと免許を取ってきた。
といっても、車を運転するのは絶対無理!ってヤツなんで、この年で原付免許を取っただけ。
原付の免許なんか運転試験場に行けばすぐに取れるものだと思っていたのだが、滋賀県では免許センターに行く前に最寄りの警察に住民票とか必要書類一式を持っていって、受験日の予約をしないといけなかった。
思い立って急に受けに行ってはダメなんだと。初めての人はまず警察に行って、試験日の予約を取る必要がある。申し込んでから受験できるのは2週間後の火曜か木曜。なんか面倒くさいねー
今回落ちたら、また2週間待ち?2回目以降は免許センターで予約可能らしい。というか、学科試験はいつ受けてもいいけど、受かった後の原付の講習が火曜と木曜しかないから、できるだけ1回で済むようにその日に受けて!ってことらしい。

合格者の番号が発表された画面を送り付けてきたけど、けっこう数字が抜けてるんですが・・・原付のテストでも落ちる人がそんなにいるのかい・・・
合格したら午後から講習だけど、工事中で食堂が開いてないから食べ物持参で!だってさ。なんかずーーっと工事中のような気がする。
昨日はぽかぽか暖かかったのに、今日は曇っていて寒い。手袋とか貸してくれたっていうけど、くそ寒くてヘルメットを自分で外せないくらい手がかじかんだとか・・・
今日は寒いだけだったけど、雨が降っていても外で教習だそーですよ。。。雪の場合はどーなるのだろう。

原付免許を取っても、運転できるのは50㏄以下の原付のみ。父ちゃんのバイクにさやは乗れない。
兄ちゃんと父ちゃんは普通二輪の免許を持ってるから同じバイクに乗れるけど、原付免許のさやは乗れない。
だから、せめて小型二輪を教習所で取ってこい!って言ったんですけどーそれも嫌で原付免許。
本当に身分証明書のために取っただけ~~な免許なのだ。
高校生の時に取ったパスポートももう期限が切れる。パスポートは通常持ち歩くものでもないから、身分証明書の提示を求められた時に免許証がないと不便ってことで取っただけの免許だ。

帰りに湖岸道路を車で走っていたら、「こんなとこ原付で走るのは・・・無理だわ。」と言うさや。
いきなり湖岸道路は難易度高過ぎですわ。車は時速60㎞で走っていて、自転車やバイクとトラックは並走できないくらい道幅は狭い。横にトラックが来られたら、死ぬ~~~って思うくらい怖いとこ。実際に自転車の人がトラックの下に巻き込まれてピクリとも動かないのを見たこともあるし・・・危険な道です。
でも、滋賀県は「びわいち」(琵琶湖一周)とかいって、その狭い道にサイクリストを呼ぼうとしているんですよー
そんなことして、自転車が大量に車道を走ったら、車が走れなくなる~
横の歩道が自転車道を兼ねているけど、凸凹していて走りにくいようで、本格的自転車の人は車道を走りたがるけど、道幅が狭いとこでは車が自転車を抜かせなくて渋滞になってしまうんですよ・・・通常なら60㎞で走れるとこを自転車の後ろをついて走らないといけなくなるから・・・自転車は無免許でも車道を走れるから、交通ルールが怪しい人もいるし・・・
道がカーブしていて前が見えにくいところで、歩道に植えてある木の切れめから、自転車のじいちゃんが車道に飛び出してきて、危うく跳ねかけたことがある。車道に下りるなら、後ろから見えるとこから出てこい!なんでよりによってカーブしているとこの木の陰から出るかなー しかも後ろも確認することなく、突然飛び出してきた。
運転していたのが兄ちゃんだったから、若い反射神経で避けたけど、車の運転手が年寄りだったら、あの自転車の人、そのままひかれてたのではないかと・・・すぐ横を対向車が走っているから、自転車避けるのにハンドル切り過ぎたら反対車線に飛び出すしー
車道に自転車が走っていると急に難易度が上がる道なのだ。何事もなければ快走路なんですけど。。。60㎞出せないのに車道を走っている自転車が厄介。自転車道を整備しないで、全国から自転車の人を呼び込まないで欲しいわ。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

逃げ損なった犬

9月12日・・・
IMG_99510_20190220202242108.jpg IMG_99520_20190220202243c79.jpg
シロンが白く飛んじゃってますけど~~  さやに迫られて、迷惑そうなシロン。
IMG_99560_20190220202244978.jpg IMG_99600_20190220202246a51.jpg
。。。。。。 やっぱり嫌そうな態度。
IMG_99630_201902202022479af.jpg IMG_99640_20190220202254a0f.jpg
完全に明後日の方角向いちゃってますよー
弟シロンは姉さやの抱っこは嫌なようです。
シロンは犬じゃなくて、さやの弟!って言い張っている女、さや。
IMG_99650.jpg
布団に引きずり込まれたシロン。
IMG_99740_20190220202406d8c.jpg
逃げ出そうとしても、羽交い絞めにあって身動き取れず。。。我慢して付き合う犬。
IMG_99770_20190220202324b6a.jpg IMG_99840_201902202023259a0.jpg
シロン小屋に戻っていた。
IMG_99780_20190220202408086.jpg
ぜえぜえはあはあ。。。さやの相手は疲れます。。。
IMG_99820_2019022020240998e.jpg
この時は夏なので段ボール小屋に入り込んでしまうと暑いから外に出ているけど、今はこの箱の中にすぽっと隠れてしまう。
数日前に自分でキイロイトリ(リラックマの隣にいるヤツ)のティッシュケースを運んできて、段ボールの中にセット、そこにお尻をつけて寝ているシロン。
シロンが物を運んでくるなんて、ものすごーーーーく珍しいことなのだ。ドッグフードより重いものは咥えない犬ですから・・・おもちゃで遊んでいる姿なんか幼少の頃しか見たことない。ポメは狩猟犬じゃないから、動くものに興味を示さない子が多いし…女王様の横に侍らされる犬は優雅でお上品じゃないと~
ティッシュの箱は前足で吹っ飛ばして運んできたのだ。(全然上品じゃない…)
人間のように掴めないけど、前足で物を運べるようになったシロンくん。人間化目指して特訓中??

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

風 浴びてま~す

9月の写真なんで、真冬の話ではない。けど、相変わらず暖房をつけている時に室外機から出る冷た~い風を浴びるのは好きな犬。
IMG_99250_20190219180147df8.jpg IMG_99260_2019021918014824e.jpg
ピンボケでわかりにくいけど、頭の上にちょいと重たい飾りのついたピンを乗せられたシロン。
女の子っぽい飾りをつけられても、この時のシロンの顔は♂に見えます~
IMG_99280_20190219180205b08.jpg IMG_99290_201902191802068c5.jpg
この座椅子の上はエアコンの風がよく当たるようになっているので、毛がぼ~わぼわ吹っ飛んでいる。
シロンさま特等席です。
「特等」って打とうとしたら「禿頭」って字が出てきたんですけど・・・はげあたまって「とくとう」って読むんですね・・・
IMG_99300_20190219180208631.jpg IMG_99340_20190219180209805.jpg
誰が禿げ頭??
それはシロンくんには無縁の言葉ですね・・・毛深過ぎる犬なんで・・・
けど、ホルモンバランスが崩れたら、いつ毛が抜け始めるかわかりませんよ。パパのチェックでは以前より薄いと思う…って言われてますから。
IMG_99430_201902191802116eb.jpg IMG_99440_20190219180218433.jpg
おや、今度は扇風機。でも、この扇風機はシロン専用機じゃありませんね。
シロンのはコードレスになるDCモーターの小さい扇風機。
停電した時用にしばらくはコードレスで動く扇風機を買ったけど、小さい扇風機のくせに3万くらいしたのに、電池がリポじゃなくてニッケル水素なんで、もちが悪かった。速いペースで劣化していく電池…けど、このタイプの電池はいまいちなんで、新しい電池を買うのはもったいない。電池だけで1万円くらいするし。
ってことで、小さいエアコンを外から操作できるタイプに買い替えたのだった。デカい方のエアコンにも外から操作できるヤツは後付けしたけど、な~んか怪しいので最初からついているエアコンも新調した。
シロンはケージに閉じ込められているわけではなく、家中うろうろしているから、涼しいとこを見つけて移動してくれるだろう・・・

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

タオルまきまき

10月の旅の話が終わったけど、前に進むのではなく逆戻り・・・
旅の話になる前の写真が去年の9月のとこだったんですよ。。。通常の話は9月7日に遡る。写真見ても、何か忘れてそうだが…とりあえず戻ってみる。
IMG_98920_20190218201947d5c.jpg IMG_98980.jpg
1枚だけ売れ残って安売りされていた今治タオルがシロンに似合いそうな色だったので買ってきたら、さやが使うと持って行ってしまう前にシロンで遊んでいるとこ。
IMG_99000.jpg
もともとは3000円くらいするバスタオルで肌ざわりはよいので、さやが使う!って持って行ったけど、その後に買ったタオル美術館の福袋に入っていた赤ちゃん用のバスタオルの方が気に入ったってことで今は違うのを使っている。
タオルの肌触りを無理に体験させられているシロン。
全身毛だらけの犬に、タオルの感触が伝わるのかは、疑問だが。。。
IMG_99010.jpg
顔をつぶされて遊ばれているよーにしか見えない。
IMG_99050_20190218202017c7d.jpg
顔をぐちゃぐちゃっとされても、無抵抗の犬。
IMG_99060_20190218202018e30.jpg
いつものことですからね・・・この程度のことは気にしません・・・
さやが7歳の時にシロンが来たから、子供のおもちゃ状態で育ってきたシロンは細かいことは気にしない。
子供が多少無茶苦茶な扱いをしても骨折の心配もなさそうながっちり骨格のポメだったのはありがたかった。座布団から転げ落ちて骨折するポメだったら、子供の相手なんかさせられないけど、多少踏まれても平気だし、高いとこから自分で飛び降りても何事もなくそのまま走って行ってしまう丈夫さだったから、子供の遊び相手には最適。
IMG_99090_20190218202147f3c.jpg
服を着るのはあまり好きではないけど、タオルで巻かれるのは問題なし。
IMG_99100_20190218202148e03.jpg
体は出しっぱなしで、顔の周りだけバスタオルぐるぐる巻きにするのは、いったいどんな意味があるのやら??
IMG_99110_20190218202150f28.jpg
べつに楽しくもなんともないんですけど・・・
IMG_99130_20190218202153c86.jpg
子供の相手はしてあげないとねーーー
って、さやももう21歳で成人してますけど・・・高校生と間違えられるのは確かだ。
IMG_99080_201902182021020cc.jpg IMG_99190.jpg
ぶわ~っと広がった毛があるとおっさんくさいシロンも、布で顔周りの毛を隠してしまうと、急に幼く見える。これで老犬??
IMG_99200_2019021820224277e.jpg IMG_99220_201902182022442bf.jpg
最初の写真は普通の顔だけど、2枚目の目はなんかとてもびっくりしているよーなヘンな感じ。
IMG_99240_20190218202309d2c.jpg
そういえば、このタオル、最近まるっきりみかけない。さやの部屋のどこかで丸まっているよーな気がする。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

長旅終了!

入口付近に撮影用の服や小物がいろいろ用意されていたので、和傘を借りた。
IMG_21300_20190217211011ccf.jpg IMG_21360.jpg
父ちゃんよりは母の方が絵になるよーな気もするが・・・なぜかこんなかわいらしい傘をさして写る父ちゃんとやる気の全然ない犬。
IMG_21400.jpg IMG_21460.jpg
シロンはこの傘が上にあるのが、とーーっても気に入らないようで浮かない顔。
P10907490.jpg P10907510.jpg
これは絶対に嫌です・・・って感じのひどい顔。
IMG_21490.jpg IMG_21530.jpg
石の上に寝そべっても、ま~だ嫌そう。
IMG_21550_20190217211100435.jpg IMG_21590.jpg
傘を外しても嫌そうな表情は変わらない。
っていうか・・・また寝始めてるじゃん。。。
P10907540.jpg
いえ、起きてますよ!撮影拒否!!なだけですーーー
こっちには外国人ギャラリーがいっぱいいたから、嫌だったよーですわ。通常、人には愛想いいんですけど…ぎゃあぎゃあうるさい人には愛想悪い犬。
では、帰りましょ~~
DSCN73650.jpg
陰になっていて暗いけど、一面のススキは飛騨の里から158号線白川街道ってのを通って、高速に向かう途中のどこか。
白川街道っていうくらいだから、まっすぐ行くと白川郷に着くんでしょーかねー今回は行ってないけど。
DSCN73660.jpg
高山は東海北陸道からは外れているけど、中部縦貫道の飛騨清見―高山間はすでに完成しているので無料区間で使わせてもらえる。
高速はおもしろくないから下道の方がいいって言い始めたパパだけど、高山から一般道を250㎞も走ったらその日のうちに戻れないだろうから、ここは高速で。
ひるがの高原ってかわいらしい名前だと思っていたけど、今回の旅で他のことを調べている時に「蛭」がたくさんいる場所だったから蛭ヶ野高原…って名前になったと知ってしまった。「野に大池あり、蛭数多住めり、蛭ケ野と名づく」だそーですよ・・・ひらがなで書いたらかわいらしい地名なのに・・・
DSCN73670.jpg
どこにもピントのあっていないボケボケ写真だけど、これしか「ひるがの高原」って入っている写真がなかったので。
しかも、これで終了、あとは暗くなった高速を走ってきただけなので、写真もない。
10月5日に家を出て、静岡、箱根、横浜、日光、沼田、越後湯沢、軽井沢、上田、白根山~志賀高原、松本、乗鞍高原、高山と太平洋側から東京抜けて日本の真ん中ヘンの標高の高い地域をうろうろして13日までの9日間の旅は終わったのだ。
通過してきたのは滋賀、三重、愛知、静岡、神奈川、東京、埼玉、栃木、群馬、新潟、長野、岐阜の1都11県。
シロンくん、関東で茨城だけ行き損ねた。。。千葉はその前に行ってるけど、茨城はまだ。。。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里13

突然、福井駅前の話が入ったけど、もうちょい続く飛騨の里。
後ろの障子が開いて、写真を撮られていても気付かずに寝続ける犬。
IMG_21160_201902162150021ad.jpg
野性味は全く残っていません。。。父ちゃんが肉食獣だったら、シロンは食われて終わりです。。。って、そんな危険な場所に住んでないから、襲われる心配なんてないけど。
IMG_21180_20190216215003dcd.jpg
写真が延々続いているので何時間も寝ているかのように思えるけど・・・5分経過~~程度。
IMG_21200_20190216215005dec.jpg
起きた!
IMG_21220_20190216215006f85.jpg
何を眺めているのやら?
IMG_21260_20190216215111374.jpg
ん・・・また寝ているよーな気もする。
P10907300_2019021621513797c.jpg
ちょっと奥まったとこにあるこの辺の建物まで来る人はほとんどいなくて、と~っても静かだった。
敷地内には電柱とかもないから、昔の田園風景って感じ。
P10907350.jpg
もうちょっと奥もあったけど、台風被害なのか経年劣化なのか、かなり崩れて修復不能っぽい建物もあって、そっちには行けないようになっていた。
P10907360.jpg
あ・・・久しぶりに人がいた。ってくらい、こっちには人がいなかった。
IMG_21270_20190216215114ab8.jpg
で、スタート地点に戻ってきた。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

福井駅前

今日はシロンの誕生日~~
P_201902150.jpg
なので、急に思い立って、福井まで行ってきた。
駅前の恐竜の像を見に行ってきたのですよ。近くにいた時はスマホで撮るのを忘れていたので、道の向こう側に渡ってからの写真なので、これは恐竜が極小サイズだけど、駅前にデカい恐竜がいました!
吠えて、ちょいと動きがあるので、ビビるシロン。
近くで撮った写真もあるけど、取り込んでないので。。。10月の旅の話が終わるまで、当分出てこないでしょうけど・・・そのうち出てくる。
DSC049170_20190215230200d59.jpg
これは数年前、同じ福井県の大野市にある道の駅九頭竜の前のすごい迫力あるティラノザウルスの前でビビるシロン。
この恐竜、ど迫力で吠えて動いてくるので、子供はたいてい泣き出すのだ。福井駅前の恐竜より、こっちの方がはるかに迫力あると思う…あまりに怖すぎて子供が泣きわめくから、駅前のはおとなしめなのかも。。。
シロンの後ろ姿もかなりびびってますー
IMG_76910_20190215231240a98.jpg
シロンは存在感消してるし、後ろの恐竜にしか目がいかない。なんでこんな目立たない道の駅にこれを設置しているのか??
P_20190215.jpg
福井駅前の恐竜は広い場所にあって、周囲の建物が大きいから、さほど迫力は感じない。
うちが恐竜前に到着してすぐに反対側から高校生集団が数十人やってきて、恐竜前で写真を撮った後、シロンがかわいい、かわいいと群がってきて、話をしているうちに今日が14歳の誕生日なんですーーってことで、みんなに「おめでと~~!」と福井駅前で見知らぬ高校生たちに盛大にお祝いしてもらった老犬だった。じいちゃん犬には絶対に見えないって言われるけど、14歳になったのだ。
しかし、昨日は前回の血液検査の結果、いつものALP以外にもカルシウムに異常値が出たので、悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症の因子となるPTHrPの測定っていうおっそろしい検査をしたのだ。
検査自体はいつもより多めに血を抜くだけなんですけど・・・結果は1週間後くらいに出るらしいけど・・・これが検出されると体の中のどこかに癌があるってことになるそうだ。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里12

P10907240.jpg
これはシロンが寝始める前に撮って、忘れてた写真。
シロンはまだしつこく寝続けている。
IMG_21000.jpg IMG_21050.jpg
外では絶対に寝ないで頑張る犬だったんですけどねーいつの頃からか寝るようになって・・・抱っこされてうとうと…どころか、全く知らない家の前で堂々と寝始めた。
IMG_21010_201902132158377a6.jpg
シロンが行く家でこういう雰囲気の家はないんですけど・・・後ろの障子が開いたら誰か出てくるかもしれないのに、気にならないのでしょーか?というか、シロンはこの障子が開くものだっていう認識はなくて、開かない壁を背にして寝ているから安心…と思っているのかもしれない。
IMG_21030_20190213215839e00.jpg
こいつは際が好きな犬だけど、寝る時もこんな端っこで、前足で角を押さえて寝ていた。
寝相が悪くてコロンっと落ちるって心配はしないのだろーか??
人間から見たらたいして高い場所じゃないけど、シロンにとっては体高よりずーっと高い場所なんですけど。
IMG_21040.jpg
気持ちよさそうに寝ているので、ひたすら待つ飼い主たち。
他の人がだ~~~れも来ないので、好きに寝かせておいたのだった。
IMG_21060.jpg IMG_21120_201902132157006ad.jpg
そういえば・・・この光景・・・
2年ほど前に南禅寺に行った時、疲れたシロンが三門の下の石の上でぐーすか寝始めたことがあったな。
    IMG_11120_201902132211414de.jpg
    ちょいとポーズは違うけど、外でがっつり寝ていたシロン。
IMG_21080_20190213215842dab.jpg
三門の下はそこそこ人も通っていたけど、ここは他の人が誰もいないし~~ずかな場所なので、よく寝ますわ。
DSCN73500.jpg
この犬、迷子になったら推定年齢何歳くらいだと思われるんだろうか?
普通に散歩させたら最初のスタートダッシュ以外は遅いけど、家の中だと猛ダッシュを何本も繰り返す老犬なんだけど・・・いまだに家の絨毯の上なら宙に浮いてる飛行犬になってます…
DSCN73520.jpg
横でのぞき込む父ちゃん。
DSCN73600.jpg
全然起きる気配はありません。。。
シロンとは全然関係ないけど、後ろの障子の補修跡…だれの仕業か知らないけど…前に実家の障子を妹のとこの孫が大量に穴開きにしてくれたことがあった。
小さい子だから仕方ないか…と思ったけど、ふと見てたら母親(妹のとこの次女)が抱っこして意図的に穴を開けさせていた。
自分も小さい時に穴開けて注意されて、よその家の障子に穴を開けるのは悪いことだとわかっているのに、「おもしろいね~」と何十カ所も自分の娘に穴を開けされていたのには驚いた。
いくら古くて汚い家だといっても、張り替えはして穴の開いていない状態の障子に片っ端から穴を開けさせる親って・・・どーいう神経しているのだ?と思ったら、穴開けさせた犯人の父親(妹の旦那)にガッツリ注意されて、まめな義弟はしっかり障子を張り替えて帰って行ったのだった。
この親にしてこの子ありって言ったりするけど、親がちゃんとしていても、子供や孫はそうとは限らないってご家庭もありますな。
DSCN73610.jpg
家を出て9日目、いつも部屋での~んびり寝て過ごしている犬が一日中出歩いていてあまり寝られていなかったから、超お疲れなのでしょう。
IMG_21140_20190213215701ecc.jpg P10907260.jpg
あ、シロンの後ろの障子が開いた。
父ちゃんが家の中に入って、内側からシロンを激写。
P10907270.jpg
けっこうささくれだった板の上で寝ているような気がする。
いつまで続く??寝ているシロン特集。。。
仕事していた頃みたいに、文章を書いて給料をもらっていたら、スポンサーの意向とか締切とかあったけどさ~お金もらって記事を書いているわけじゃないブログなんで、何をいつまで書いてたって問題ありませんからね。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里11

シロンが縁側で寝始めるまでの記録・・・?
IMG_20710_201902122112286bc.jpg
14時42分、まだ機嫌よく縁側で座っていた。
IMG_20740.jpg
べつに眠そうな様子はない。
IMG_20750.jpg
右後ろ脚を投げ出したように座るのは小さい頃から…うちに来た当時から膝が悪いのでずっとこんな座り方。折り畳めないわけではないけど、伸ばしたままの方がラクなようだ。
IMG_20780_2019021221141009d.jpg IMG_20790_20190212211411c37.jpg
ご機嫌シロンくんに見えるんですけど・・・
IMG_20800_20190212211232873.jpg
1分後には寝そべっていた。
IMG_20850_20190212211234e8d.jpg
10月だけど、この日は暑かったから、日当たりがよくないこの縁側は涼しくて、心地よい風が吹いて来てシロンには居心地がよかったようだ。
IMG_20870_201902122113063c0.jpg
え。。。そのわりには、ヘンな顔してた。
IMG_20890_201902122113070d6.jpg
2分経過。。。かなり眠そうですな。
IMG_20910_20190212211413fa6.jpg IMG_20930_20190212211414028.jpg
これは、もう寝てますね~
IMG_20940.jpg
いえ、まだ頑張ってます。
IMG_20970_20190212212724d13.jpg
べつに頑張ってくれなくてけっこーですけど。
この日は家に帰るだけだから、何時までにチェックインしないと…なんて時間の制約はとくにないので。
IMG_20990.jpg
もう寝ていた。14時45分になったとこなんで、最初の機嫌よく座っていたとこから3分で完全に寝ていたわ。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里10

昨日の茅葺民家の写真を広角で撮れる別カメラで。
P10907030.jpg
縁側に置き去りにされたシロン。
P10907060.jpg P10907070.jpg
ちょっと~~~お父さ~~ん、こっちに来て下さーーーい!
P10907110.jpg
父ちゃんが戻ってきました。
P10907130.jpg
シロンを撫で始める父ちゃん。
P10907150.jpg
そして、また置き去り。。。寝始める犬。
P10907160.jpg
起きていたらいまいち様になっていなかったけど、寝そべるとそれっぽい感じに見えますよー
P10907170.jpg
太陽が当たっているわけでもない場所だけど、急に眠気を催したようだ。
日陰になっていて、ぽかぽか縁側って雰囲気ではないんですけどね・・・
P10907200.jpg
ここは階段を上った奥の方にある家なので、まるっきり人がやってこない。
けっこう長い間ここにいたけど、他の人は一人も来なかった。
P10907220.jpg
旅の途中だというのに、よその家の縁側で寝始めた犬。
P10907230.jpg
この家の飼い犬かしら??状態になっていた。猫のよーにも見える。
壁の説明看板とよく似た色の犬。。。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里9

P10906910.jpg P10906920.jpg
柿に興味なんかないのに、無理矢理近付けられるシロン。
P10906970.jpg P10906980.jpg
あの~~・・・なんか汚れた物体がぶら下がっています・・・って程度にしか思っていない気がする。
P10906930.jpg
この嫌そうな顔。
IMG_20550_20190209175631555.jpg IMG_20570_20190209175728be3.jpg
柿がない方が自然ですわ。
P10907000.jpg
次にやってきたのは、屋根中草が生えまくっている家。(旧道上家住宅と書かれていた)
茅葺民家6軒のうち3軒しか記憶になかったけど、写真で見るとこの一角も茅葺のようだ。
三角屋根の合掌造りの家のことかと思っていたけど、そういう形じゃない茅葺の家もあったのだな。
「ふるやのもり」に出てくる家のような雰囲気だ。サイズとか作りはこっちの方が立派そうだけど。
IMG_20580_201902102305519c7.jpg
上の方が異常に白飛びしちゃってます…
IMG_20570_20190210230407db5.jpg IMG_20600.jpg
あれ?犬は地面っていってたのに、縁側にのってますよ、シロンくん。
猫は縁側だから、小型犬もここでいいでしょーってことだそーです。
P10907040.jpg
しかし、日本家屋の縁側が似合わない犬だった。
IMG_20640_20190210230410e9c.jpg IMG_20650_2019021023041159a.jpg
はい、あなたは猫、猫~~猫だと思えば、なんとなく似合いそーな気が・・・
IMG_20660_20190210230413ecf.jpg IMG_20680_20190210230454887.jpg
つぎはぎだらけのちょいと貧乏くさい雰囲気が高級感漂う毛皮をまとったシロンくんには似合わないのだな。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里8

ちょっと歩いてから、一番目立つ合掌造りの茅葺民家の前に戻ってきた。
P10906820.jpg
ちょうど撮りたかった場所で外国の方が熱心に写真を撮っていたので、ちょいと時間をずらすのに歩き回っていたのだ。
P10906840.jpg
有名観光地だったら、人が途切れることなんかないかもしれないけど、ここはあまり人がいないので・・・
ま~ったくいないわけではないけど、時間をずらせば真後ろにデカく写りこむことはない。
P10906850.jpg
この写真でも後ろの通路に人はいるし、まったく誰も来ていないわけではないですよ。
入口側に戻った時は外国人が団体で来ていて、とてもにぎわっていた。日本人に見えても違う言語を話しているので、大半が外国からの観光客のようだ。この日は土曜日だったけど、日本の人は少なかった。
IMG_20390_20190209175454221.jpg
おとーさん・・・ズームし過ぎて、上の柿が消えてます・・・
IMG_20400.jpg
柿の木の幹を撮りたかったわけではなく、上の柿の実を一緒に写したかったはずなのに、なぜか幹しか写っていない。
ズームしたら、周囲はカットされてしまいますから…ご注意ください…
P10906890.jpg
母が撮った方には柿の実も写っているけど、そんなに下の方になっているわけではないから、シロンと高さがあわないな。
IMG_20450_201902091754566a4.jpg
下に垂れ下がっていた柿と無理矢理。。。
IMG_20370_2019020917562497e.jpg IMG_20420_201902091756261cf.jpg
左の1枚はここに来る前の写真だけど、縦位置の写真が1枚だけあぶれていたので、ここに放り込んだ。
丸めて片手の上にのせられ、胸ぐら掴まれている感じのシロン。
IMG_20430.jpg IMG_20520_20190209175629768.jpg
高さの合わない桜と撮る時なんかもよくこのポーズをさせられるけど、いまいち。。。苦しそう。
しかし、土の上におろしたら、柿の実ははるか上~~~
IMG_20460_201902091754592f4.jpg
抱っこしてもらわないと、柿に届きません。シロンは柿に興味なんかないだろうけど・・・
母は子供の頃に柿を食べ過ぎたので(家の庭で何百個も取れた)、もう食べたくない。ゆえに、め~ったに柿を買うことがないので、シロンが柿を食べる機会がないので、これが食べ物だという認識もないだろう。
それに皮がついている状態では食べ物であっても、絶対に口にしない。リンゴもミカンも好きだけど、皮を剥いていない状態では全く興味を示さない犬なのだ。

これ、今日のシロン。
P_201902092.jpg
寒波襲来っていうからつなぎの服を着せて出たけど、こっちはいうほど寒くなかった。
それにしても、首周りの毛がものすごいな。今日もまた、これを見た子供に「ライオン!」と言われていた。
ちなみに、シロンが着ている服は・・・今年の干支・猪なのだが・・・言われてもそう見えない気がする。縦縞が入っているから、ウリボーでしょうけど・・・猿の着ぐるみかと思った。
P_201902091.jpg P_201902090.jpg 
フードをかぶせてみても、ウリボーには見えない。子猿かシカ??
毛量が多くなりすぎたので服をワンサイズ大きくしようと思って、半額になっていたこれを買ってサイズ確認してみただけなので、べつにこの柄が欲しかったわけではない。つなぎの足の部分が長過ぎたりしないか確認したかったのだ。毛に覆われて短足に見えるけど、べつに引きずることはなかったのでOKです。
同じメーカーの服のサイズ確認用。サイズが合わなければ返品可能らしいけど、そんなに高い物でもないから、一度着たものを返品するのも申し訳ないので、安くなっているのを買ってサイズを確認してみたのだ。ここまでが小型犬サイズ、これより上は中型犬用になりますね・・・
201902095.jpg
これも今日の写真、蔵王キツネ村のキツネの喧嘩シーンだそうです。
東北もこの辺は思ったほど寒波は来ていなかったらしい。
でも、さすがに冬のキツネはまるまるしている。
外で暮らしているんだから、冬場は体脂肪を増やして、毛ももっこもこにしないと寒さに耐えられませんものねー
ペットだって外に出る子はやっぱ自前の脂肪をある程度増やさないと寒いんじゃなかろうかと。。。冬になって一気に体重が増えた…ってのは、ごく自然な気がするけど、ペットはすぐにダイエットさせられちゃうけど、冬は丸くならないと寒さに耐えられないでしょー

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里7

IMG_20290_20190208203959b85.jpg
昔の日本のおうち~って感じ。
IMG_20300_20190208204000012.jpg
似たようなつくりだけど、この家の縁側には丸太の束がないから、きっと別の家ですね・・・って、よく見たら、上の家は屋根が茅葺…ここは板。
IMG_20310_20190208204002aa4.jpg
うちの家は昭和40年代に建てたからこういうのはなかったけど、もひとつ古い親戚の家は縁側がコの字型にある家で、途中にかなり大きな犬がど~んっといつも寝そべっていて、けっこう怖かった覚えが・・・
うちでもデカい犬は飼っていたけど庭にいて、家に上がってくることはなかったけど、その家は縁側にデカい犬が寝そべっていて、奥の部屋に行くには必ずそこを通らないといけないから怖かったのだ。
IMG_20330_20190208204003e76.jpg
こんな大きさの犬なら真ん中で寝そべっていても怖くないけど、たぶん秋田犬・・・子供から見たら特大な犬だったから・・・
その当時の感覚では犬は庭にいるはずが、縁側とはいえ土じゃない部分に犬がで~ん!っといた。
その犬はおとなしかったはずだけど、うちの近所のシェパードとかボクサーとかはその家の前を通るとものすごい勢いでわわわん!!っと吠えてくる犬たちだったから、デカい犬が家の中の飛びかかってこれる位置に寝そべっているのは恐怖だった。
P10906730.jpg
実家や父の兄弟の家の犬は、小さい日本スピッツとか狆でも地面で暮らしてた。
狆は座敷犬のはずが、日本では犬は外で飼うもの!って思っている家だから、狆も庭で飼われていた。
父の妹の家でシーズーを飼った時に初めて室内飼いってのになった。
P10906750.jpg
シロンは当然室内飼いだけど、ここでは地面でお願いします。昔の日本ではやっぱ犬はこの位置でしょー猫は上だけど。
P10906760.jpg
古民家の中は今時の家しか知らない人には珍しいだろうけど・・・母は島田の親戚の家がこんな雰囲気だったので、懐かし~感覚。
「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」って言われた大井川の東側にある島田。
江戸を守るために大井川に橋をかけなかったから(静岡の安倍川も橋なし…)、島田で足止めされる人でにぎわう町だったらしいから、町は潤っていてここまで簡素な建物ではなく、もっと作りがしっかりしていて、屋根も板ではなく瓦屋根だったよーな気がするけど。
P10906770.jpg
こっちに別タイプの茅葺民家があった。
こういう緑が屋根に生えちゃうと、なんかちょっと・・・な気がする。
P10906780.jpg
登呂遺跡の竪穴式住居のデカい版に見えなくもないですね。。。このタイプの家。
P10906800.jpg
こっちから見たら、ほぼ屋根~~壁の見える部分が超少ない。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里6

草がいっぱい生えた階段の上・・・
IMG_20070_20190207173003ff2.jpg
シロンはこういう場所はあまり好きではない。
IMG_20100_201902071730059cc.jpg
逃げだそーか、どーしようか・・・
IMG_20140_20190207173007226.jpg
階段を下りるには一番草ぼうぼうのとこを通らないといけないので、まだ草の少ない階段の上に座り込んだ。
IMG_20180_20190207173128976.jpg IMG_20210.jpg
ここにいるのが一番草が少ないよーな気がします・・・
IMG_20220_20190207173035269.jpg
右も左も前も、動けばもっと長い草の生えているところ通らないといけません!
IMG_20230_201902071730379c1.jpg
草のとこは通りたくないので、ここで救助を待ちます・・・なシロンくん。
階段を上っていくのが一番草が少ない気がするけど、気付いていない。前しか見ない犬?
P10906670.jpg
ここ飛び降りたら、草の中だしーーー動けません!
P10906690.jpg
シロンが座っているのは階段の端っこの石の上だから、そこは草が生えていないけど、土のとこには草があるから、動きたくない犬。
父ちゃん・・・ヘルプ・・・
P10906700.jpg
動かないわんこは父ちゃんに抱えられて移動。
IMG_20240_20190207173038389.jpg
後ろの木がオレンジ色なのは、柿がた~くさんなっているから。
IMG_20260_2019020717313173f.jpg IMG_20280.jpg
熟した実が下に落ちたら汚くなりそうだけど、誰も収穫しないのかしら~?まだ早いのか??

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里5

茅葺民家地区を散策。
P10906400.jpg
歩いてないヤツが1匹いますけど・・・
こっち側には茅葺民家が6軒あったらしい。覚えてないけど・・・写真では3軒くらいしかない気がするけど、6軒あるらしい。茅葺ってだけで、合掌造りとは限らないけど。
P10906470.jpg
池越しにこっちから見えるのは入口側。入ってきて最初に写真を撮っていた辺り。
P10906480.jpg
後ろには円形の小さな田んぼ?
10月だから刈り入れは終わっているはずだけど、刈り取ったとこからまた生えてきたのかやけに青々とした田んぼになっていた。
P10906490.jpg
田植えの終わった後?みたいな伸び具合だけど、雪の降る飛騨地方でこれからお米は育たないでしょうねー
後ろの合掌造りの家は御母衣(みぼろ)ダムを造る時にダムの中に沈んでしまう地域から移設した建物らしい。
高山の町中に建っていたものではなく白川村の隣の荘川村から移設したようだ。(現在は荘川村も高山市)
五箇山は富山県になるから、同じ岐阜の荘川村の方が白川郷と関連があるよーな気もする。
P10906520.jpg
シロンはなぜか田んぼの方をずーーっと眺めていた。とくに珍しいものがあったとか、何か動物がいたってわけでもないと思うのだが・・・
P10906560.jpg
チラっとこっちをみたものの・・・
P10906570.jpg
また、田んぼの方をじーーーーっと見続ける犬。そんなに田んぼが珍しいか??
そんなわけないよねーーうちの近所にもまだ田んぼありますから・・・
静岡は城下町だから町と田んぼのある地区は離れていたので、母は子供の頃、田んぼというものを見る機会が全然ない場所に住んでいた。田んぼはバスに乗って社会見学で連れて行ってもらっただけで、日常的に見ることがなかったのでどーもなじみがなくて、田んぼと畑の区別がつかずにパパに笑われたのだった。
P10906600.jpg
シロンくん・・・もしかして、そっちに背中向けて座る前に危険生物が隠れていないかどうか、念入りにチェックしていたんでしょーか?草むらに何か怪しい動物がいたら、背を向けたら危険ですから・・・
P10906620.jpg
一面草~~ 
左後ろに見えている屋根の上に石がのっているように見えるから、あれは榑(くれ)葺民家でしょう。
茅葺き民家にくらべ注目されない榑葺き民家を残すことは飛騨民俗村の重要な役割なんだそうです。
飛騨の里ではクリの木を裂いた榑板を重ねて屋根を葺いているとのこと。茅より寿命が短いので、頻繁に葺きかえないといけないらしい。
P10906660.jpg
シロンはロングコート豆柴?みたいな色をしているから、もーちょっとこういう場所が似合うかと思ったけど、まるっきり日本家屋とは合わない犬だった。やっぱ洋犬ですね・・・
しかし、うちの実家周辺はドーベルマン、ジャーマンシェパード軍団、セントバーナード、バーニーズマウンテンドッグ、グレートピレニーズ・・・とデカい洋犬が飼われているごく普通の昭和の日本っぽい家地帯だった…昭和の時代にデカい洋犬いっぱい…の不思議。おっさんたちが見え張り合ってたよーな気もする。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里4

P10906350.jpg
ちょいと歩いて移動、移動。ここは土じゃなくて舗装されているので、自分で歩くシロン。
うちのお坊ちゃまは土の上を歩くのは嫌いですから・・・舗装されていないと歩きたがらない。
IMG_19890.jpg
水車小屋があった。。。けど、抱っこされたシロンが寝ている。。。
IMG_19900_201902042023481df.jpg
たまたま目をつぶって写ってしまったわけではないな。これは寝ている。
IMG_19910_20190204202350f9d.jpg
朝寝してから出発したのに、高山をうろついて、ここに来てぽかぽかあったかいとこにいたら、また眠くなったようだ。旅も9日目ともなると、かなりお疲れの老犬。
IMG_19920.jpg IMG_19930.jpg
ん?んん?? まぶしくて目が覚めた??
IMG_19940_201902042023529d4.jpg
うとうとして、復活したようだ。
IMG_19950_20190204202353adc.jpg
人間は昼寝は30分程度で!って言われるから、寿命の短い犬だったら5分で人間の30分と同じような感覚かもね。復活~
IMG_19990_20190204202436fef.jpg IMG_20030_20190204202438d50.jpg
昨日の写真とはまた違う合掌造りの家があった。
こっちの方が障子の部分が多くて、白っぽい建物に見える。
IMG_20040_20190204202439b04.jpg IMG_20060.jpg
ここは舗装されていないとこにおろされたので、いまいち…な犬。
白川郷に行ってきました・・・みたいな写真になっているけど、飛騨の里の中。
今回白川郷まで…とも思ったけど、次の日から「どぶろく祭り」で、混雑しそうだから行かなかった。
白川郷のにごり酒ってのを前に買って飲んだら、ど~ろどろ・・・の超飲みにくいお酒だった。
あれが漉していない「どぶろく」ってお酒なんだろうか?それなら、母は透明の清酒の方がいいです・・・
白川郷のお酒はあまりにどろどろで飲めなかったけど、捨てるのももったいないのでキッチンペーパーで漉したら、普通のお酒っぽくなった。やっぱ漉す作業が入った方が飲みやすい。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里3

敷地内は平坦ではなく、上ったり下りたり・・・階段だらけ。
P10906180.jpg
老犬は坂ならまだしも、階段移動は避けて、抱っこで。
抱っこしている父ちゃんももう50代ですけどね・・・人間年齢70を超えたシロンよりはちょいと若い。
P10906190.jpg
それにシロンを抱っこしておいてもらわないと、地面にいられたら低すぎて写真が撮りにくいのだ。
P10906200.jpg
部屋の中に囲炉裏がある~・・・と写真を撮ったけど、フラッシュ使ってなかったら、暗すぎてぼっけぼけだった。
DSC024040.jpg
そういえば、ちょっと違うけど、前に泊まった四国のログハウスには部屋の中にこんなのがあって、鍋とかここでできるようになっていた。
P10906250.jpg P10906280.jpg
これは、入ったとこの池の向こうに見えていた一番目立つ合掌造りの家でしょーかね。
P10906220.jpg
うわ~~~強烈なオーブ!?
シロンと父ちゃんが何かに囲まれています!! ではありませんよね・・・ただのレンズの汚れでしょう。
P10906230.jpg
LUMIXのレンズはゴミや手垢がついていると、こんなのが写りこみやすいようで、時々出現するのだった。
ただの民家に怪しい霊が憑りついているいるわけではないはずです。。。
屋根が苔むしてる感じで怪しい気もするけど、たぶん何の問題もない家だと思います・・・
IMG_19800_20190203212026081.jpg IMG_19810_20190203212028c3d.jpg
それとも、あの急な屋根の葺き替え作業中で転げ落ちる人が続出する魔の家だったりしたのかしら?違いますよね・・・
IMG_19840.jpg P10906320.jpg
太陽がさんさんと降り注いでいるので、こっち側からは撮りにくいのだ。
反対に回ると、きれいに写ります。でも、こっちより向こう側の方が合掌造り!って感じに写るのよね・・・残念。
IMG_19850_201902032120317dd.jpg IMG_19860_20190203212032b6a.jpg
撮られる側が前から太陽が照り付けてくるので、まぶしい。超まぶしい。
顔が隠れて見えていない父ちゃんも目を細めている。シロンも変顔。
IMG_19880_20190203212052246.jpg IMG_76270_20190203214104fc4.jpg
建物がきれいに写る方向に立つと、撮られる人や犬にはまぶしすぎるんですー
飛騨の里の合掌造りの屋根がかなり分厚かったので、以前行った五箇山の合掌造りはどうだったか?と写真を見てみたら…屋根の上に積もった雪が分厚過ぎて、屋根の状態はわかりません・・・ツララがすごい・・・
白川郷はシロンどころか人間の子供たちもいないずーっと昔に行ったフィルム時代の写真しかないので、探すのは面倒。
IMG_76290_20190203214119081.jpg
正月前に行ったら、五箇山の集落内の道路は雪まみれー道は作ってくれてあるけど、雪が踏み固められてアイスバーンのようにガッチガチ。(ここは車は入れなくて、人が歩けるだけの道)
ちなみに、この後、兄ちゃんはすぐ横の流れる水の中にはまって、靴もズボンもびっちょびちょ。車まで着替えに戻るという無駄な時間を使ってくれたのだった。
IMG_77570_2019020321412111d.jpg
こんな雪まみれのところで、川に落ちるヤツも珍しい。写真は2011年12月の五箇山。
P10906260.jpg
こっちが飛騨の里の合掌造りの家。
P10906290.jpg
五箇山より屋根の角度が緩やかなようにも見える。たんに写した角度の違いか??
どっちも屋根がものすごーーく重たそうなんだけど・・・乾いた草でもこれだけのっていたら、相当な重量がありそうな気がするんだけど…

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里2

今日の写真は・・・色が少ないです・・・
P10906070.jpg
建物全体が写っていないから、どんな建物かわからないけど、家というより…小屋…って感じ。
P10906090.jpg P10906100.jpg
これ、扉もないし・・・人の住む場所ではなく、物置とか動物をつないでおくとことか、そういう建物かもしれない。
IMG_19710_201902022141012d3.jpg IMG_19720_201902022141029ba.jpg
施設内の建物は中も見学もできるようになっているのだが、いちおう犬は抱っこで…ということになっていた。
でも・・・この建物は中が外と同じような雰囲気なんで・・・扉もないので・・・住宅ではないよーに思います・・・
いくらなんでも、土の上で寝ないでしょう。それとも、藁でも敷いて寝たんだろうか??でも、扉もないし、きっと普通の家じゃなかった気がする。
IMG_19690_20190202214154f31.jpg
入口のとこの段というか、跨いで入るようになっているこの高いとこはなんて名前かわからないけど、けっこう高さがあった。
IMG_19700_20190202214156986.jpg
上から見てるからシロンが見えてるけど、横から見たらシロンなんか隠れてしまうくらいの高さがあったかもしれない。
よいっしょっと跨がないとねー
昔、島田の親戚の家がかなり古めかしい家で、あちこちの段差がものすごく高かった記憶がある。そして土間といいますか・・・家の玄関から部屋までが土を固めた広い空間がある古いつくりの家だった。家の中に土の空間があるってのが不思議で・・・床の木も黒光りしていたから、相当年季の入った家だった気がする。その家は火事でぜ~んぶ燃えてなくなっちゃったけど。
P10906110.jpg
ここは何かの作業小屋だろうか??
P10906120.jpg
また抱っこされて移動してきたシロン。違う家の前で下ろされた。
ここはつぎはぎだらけとはいえ、障子もあって、普通の家っぽい。扉もなかった上の小屋と違って、中では糸紡ぎか何かができるようになっていたよーな気がする。ずいぶん前の話なので覚えていない…内部に興味がなかったのでメモも写真もない。
P10906130.jpg P10906170.jpg
昭和40年代だと、こんな家がまだ残っていたよーな日本家屋。
縁の下に隙間があって、上の歯が抜けたらここに放り込んで、下の歯が抜けたら屋根めがけて投げろって言われてたのが実行できる家の作りだ。
ちなみに昭和40年代前半に建てた静岡の家でも下の壁部分はコンクリートで固めていて、小さい小さい格子の隙間があるだけで、こんなスッカスカではなかったから、これだけ隙間があるのはもーっと古いつくりでしょうね。
だいたい家の一番外側の開口部がガラスではなく、障子ってのは・・・いつの時代??
IMG_19740_20190202214104d89.jpg IMG_19770_201902022141057a5.jpg
当然のように鍵もかけられないし、かけてあっても、障子を破れば簡単に入れちゃいますねーこわっ・・・
IMG_19780_20190202214157fdf.jpg
飛騨地方だと山には熊がたくさんいるイメージだから、人間は来なくてもクマが来たりしなかったんだろうか?ツキノワグマはヒグマと違って、人間を襲いに来たりはしないか・・・??

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

飛騨の里

白川郷の合掌造りより小ぶりだけど、ここにも合掌造りの家があった。
IMG_19580_201902012051370f5.jpg
池を挟んでいるので実物のとこまで行くまでにはちょっと時間がかかりますけど。
IMG_19600_20190201205138026.jpg
あまり状態がいいとはいえない家のような気はするけど、遠目に見るには雰囲気があってよいでしょう。
P10905960.jpg
前の池が木と同じような色ってのも不気味な感じもするけど。
IMG_19620_20190201205139a3a.jpg
ここの施設、雰囲気はいいんだけど、どれもけっこう傷んでいるのでぼかし気味に撮った方がアラが目立たなくていいかも・・・
P10906000.jpg
飛騨地方は貧しかった…せいか、建物に使われているものがなんとなく安っぽい。(奥の方には手入れされずに朽ち果てたような建物もいくつかあった。)
P10906030.jpg
この場所は外国からの観光客に大人気。入口のとこで和風な小物が置かれていて自由に使っていいので、ちょいと田舎コスプレっぽい格好で写真を撮れる。
IMG_19630.jpg
シロンくん、変なお顔ですねー
IMG_19660_201902012051437f1.jpg
だって・・・ここ、危険じゃないんでしょーか・・・
P10906020.jpg
ちょっと頼りない木の台の上ですからね…ボキっといったら、池の中です~下で鯉も待ち構えてますよー
IMG_19670_20190201205207947.jpg
ま、問題ないです!
では、民家を見に回りましょう。
P10906050.jpg
向かって左側から回って行くと、最初に出てきた家。
どの家にも〇〇家って名前が書いてあったけど、とくにどなたの家か興味はなかったので記録していない。
この辺りは茅葺屋根ではなく榑(くれ)葺き屋根の民家が主なんだそーです。
榑と呼ばれる板を葺いて、石を置いた切妻造りの建物がほとんど。榑は茅と比べるともちが悪い素材なのだとか。短時間で屋根を変えないといけないらしい。
板を何枚も重ねた上に石を乗せている。この辺は屋根の石が台風で飛ばされるって心配はなかったんだろうか?石が風で飛ばされたら超危険だと思うんだけど・・・そういう心配はしなくていい地域だったのだろーか??

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた