FC2ブログ

城ヶ島へ

3月5日(火) 父ちゃんは仕事に行っちゃいました。
DSCN82120.jpg
早起きして朝ご飯は一緒に食べたけど、ふたたび布団に入って寝る犬。
DSCN82130_20190731215421b73.jpg
8時半、ですけど・・・もう朝寝タイム?
DSCN82150.jpg
はい、今から寝るところです・・・
IMG_57380_201907312155022f8.jpg
では。。。
IMG_57390.jpg
お休みーー 
どうせ、まださやも準備できていないから、当分寝ていてもらって大丈夫です。
で、のそのそと昼くらいに出発したのではないかと・・・
父ちゃんが是非とも城ヶ島に行ってこい!っていうので、横浜横須賀道路、三浦縦貫道を通って、混んでる県道通って、城ヶ島大橋を渡って、三浦半島の先端、城ヶ島へ。
女2人、初めての場所へ行くのに迷子(子供じゃないけど…)になるって心配はしない父ちゃん…さやは地図がまるっきりわからないけど、母はなんとかする…と思っているのでしょう。さやだけなら、電車でおでかけすら怪しいけど。
DSCN82190.jpg
左端の駐車場に車を止めて、地図の下、南側のルートで先っぽの方へ向かいます。
DSCN82200.jpg
最初は普通の公園の中みたいなとこを歩いていたけど、ちょっと行ったら海が見えた。
IMG_57420_2019073121550560b.jpg
年中海の近くで写真に写っているけど、海なし県、滋賀に住む犬です・・・琵琶湖は毎日見えますが、海は近くにありません!
わりと近くに来ていても姿が見えない富士山と違って、日本一大きな琵琶湖は全体の姿を拝むことは無理だけど、湖面だけならどんな天気の日でもほぼ見える。数年に1回、数時間程度、霧がものすごくてな~~~んにも見えない時があるくらいで、きれいじゃなくても湖面を見ることは可能だ。
IMG_57430_20190731215507ece.jpg
晴れているけど、霞んでいて、富士山は見えません!
IMG_57450_20190731215508b5b.jpg
今回、どこに行っても富士山が見えませんねー朝早くじゃなくて、昼くらいから行動しないってのもありますけど・・・
この次の日から、また雨予報だったので、この日に出かけてきたけど快晴ではないな。
スポンサーサイト



テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

ねむねむ・・・

3月4日、午後6時半頃。
IMG_57140.jpg
夕飯前のお夕寝タイム。
IMG_57150_20190730210552eac.jpg
ごろごろ~~
昼前に車の中ではしゃぎすぎて、その後は水族館でいろいろ見学してたから、疲れましたか??
IMG_57190_20190730210553919.jpg
明るい光が差し込んでいるように見えるけど、夜の10時半頃なんで・・・お休みタイムです。
IMG_57220_2019073021055548d.jpg
枕にのって、クッション抱えて本格的に寝ようとしているけど、そこは父ちゃんの布団です・・・
今回はさやもいて、布団の枚数に余裕がないから、シロンくんが使える布団はないですよー
IMG_57240_201907302105562ba.jpg
え?ここで寝ちゃ、ダメ??
IMG_57300_20190730210656688.jpg
ここなら、いいですかーー??
IMG_57330_201907302107256c5.jpg IMG_57340_20190730210726662.jpg
足元の布団の上にのってるだけならいいけど、父ちゃんの足の上で寝るのはダメですよ。
シロンの重量だと、足に乗せて寝るには重過ぎます!血が止まるーー

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

三保~横浜

建物から出たところに飾られていたのは、大きな「オヒョウ」
IMG_56950.jpg IMG_56990_201907292022513a8.jpg
冷たい海にすむ、大きなカレイみたいな魚。
やはり大きなサイズになるのはメスで、オスは3分の1程度のサイズらしい。
小さいわんこさんはカートの中で寝始めていた。
DSCN81980.jpg
オヒョウって大鮃って字をあてるみたいだけど、ヒラメじゃなくてカレイ科だそうです。
獰猛な魚らしい・・・
IMG_57040_20190729202340d7c.jpg
横のミュージアムショップは食べ物も取り扱っているのでシロンくんは自主規制。パパと建物の中で待っていた。
でも・・・とくに欲しいと思うようなものもなくて・・・残念。
水族館の中は水槽で隔てられているから臭いはしないのに、このショップの中は生臭いというか魚臭くて、ゆっくり見て回ろうって気になれなかった。
IMG_57060_20190729202342087.jpg
一緒に連れて行ってもらえなかったシロンはすねてます。
IMG_57100_20190729202343103.jpg
車に戻って、ご機嫌とり(?)にシロンくんおやつタ~イム!
IMG_57110.jpg
ん?ほんとにシロンのおやつタイムか??
シロンのおやつにこんな袋はなかったはず。シロン用のおやつは袋の口がファスナーになっていてとめられるタイプの袋を使っているはずだし、袋は小さくて手は入らないから、こんな開きっぱなしの袋はシロン用ではない。
ってことは・・・さやがおせんべいあたりを食べようとしているのを、シロンが狙っているだけかも。
IMG_57120_20190729202346470.jpg
物欲しそうな目でシロンが見ているけど、この袋は高い確率でシロン用おやつではなく、さやのお煎餅🍘ですな。
京都のおじいちゃんがシロンにお煎餅はいっぱいあげちゃうから、シロンは少しはもらえるものだと思っていることでしょう。兄ちゃんは絶対にくれないけど、さやならたぶんもらっているはず・・・
DSCN82020_2019072920221203d.jpg
清水から東名に入って横浜に向かいます!
東名が工事中だからなるべく新東名を通るように!ってことだったから、道幅も広くてきれいな新東名に行った方がよかったのかもしれないけど、なんとなくまた東名を走っていた。
東名高速道路なのに、車線規制で1車線の対面通行なんですよ~~
ポールが立っているだけじゃなくて、コンクリートブロックみたいな壁で仕切られていて、もともと対面通行の高速より豪華仕様な感じ。普段は対面じゃないから、頑丈な境界を作っておかなかったら、間違えて突っ込むヤツがいるかもしれませんからね…
DSCN82060.jpg
静岡市内は晴れていたけど、東側はまだ天気が悪い予報だったので、途中から雨が降り出し、足柄SAでも雨が若干降っていた。
けど、外に出たからには、この程度の雨なら下ろして欲しいシロンくん。
DSCN82070.jpg
人も車もいないから、走れ~~~  平日の昼間だから、すいてます。
DSCN82110.jpg
朝ご飯が遅かったから昼を食べていない。何か軽く食べられ物を調達してくるから、シロン置き去り・・・
普段は置いていくなら中にあるクレートに入れておくのだが、この時はなぜかむきだしで運転席に放置。
海老名から圏央道に入って、新湘南バイパス通って南側から横浜へ。
この2週間後くらいに圏央道と東名をつなぐ厚木の新東名部分が開通したから、今は若干ショートカットできるようになっているはず。
新湘南バイパスと横浜新道がつながってくれたら、もっとラクなんですけどね・・・←来年度に横浜横須賀道路と接続するらしい。
IMG_57130_20190729202443c23.jpg
横浜のおうちにつきました。。。定位置、確保!寝ます。。。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

にせもの・・・

水族館ではなく科学博物館部分はどこもほとんど人がいなくて貸切状態。
DSCN81730.jpg
見たところで研究する人になる予定は絶対にない14歳の犬が一生懸命見学していた。
ちなみに、ここはお犬様無料です・・・
DSCN81750_20190728220433371.jpg
ペラペラの偽物のお魚が泳いでいます。
DSCN81760.jpg
「ふうらいすかしうお」って名前がついていた。
水圧の変化で上下するとかなんか書いてあったように思うから、これも前のボタンを押すと魚が動きだすのでしょう。
DSCN81780.jpg
それは生き物ではありませんよ。。。
DSCN81790.jpg
この部屋にあるのはぜ~んぶ人工物です。
あと数分でお魚ロボットかなんかの実演が始まる時間だったけど、見に集まってきている人はだれもいなかった。
うちは子供の頃、そういうのはさんざん見たから、もういいそうです。
家で1個ウン万円のサーボを何十個も買って、本物のロボットを作ってましたからね…大金つぎ込みました。
DSCN81830.jpg
金属の塊みたいなこんなのは、シロンくん、まるっきり興味なし!
水や魚が動くのは好きみたいだけど、ただの金属の塊は好きではないようだ。
DSCN81840.jpg
ピントぼっけぼけだけど、シロンはやっぱりこっちを見ているだけで、ロボットに興味なし。
さやは小学生の頃、さんざんロボットの大会にオペレーターで出ていたので、なんとなく動かしてみるのだった。
当時の二足歩行ロボット界では有名人でしたからね、さやと兄ちゃん。そういえば、なんかのテレビで女優さんにインタビューされて、出たことがあったな…
DSCN81940.jpg
あら、もう出口。
周囲の色や幟を見ると、クマノミとふれあいコーナーのように見えるけど、前にあるのはヒトデの水槽だったような気がする。
DSCN81950.jpg
中のモノにさわっていいタッチプールのように見えるけど、なんか手を入れられるような深さじゃないよーな・・・深い気がする。
ヒトデを外に出しちゃダメって注意書きがあったから、上から眺めるだけ??
HPには子供が手をつっこんでヒトデを触っている写真が載っていたけど、この日はそんな感じに思えなかった。

すでにやっている人がいたから写真は撮っていないけど、この後ろにクマノミが入った水槽が置いてあって、1回300円だったか?ガチャガチャを回すとミニタオルとエサが出てきて、エサやりができる場所があった。
でも、カップルがエサをあげてるんだけど、お腹がいっぱいなのか、クマノミが全然エサを食べない。
あげすぎないように数量限定になっていたけど、それでもすでにエサを食べようとしないクマノミたちだった。
毎日、エサのもらいすぎ??

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

老犬なのにお子ちゃま

ここでシロンくんがとても興味を示したのが、波で進む船のモデル実験。
IMG_5690.jpg
左下、シロンの前にある赤いボタンを押すと、波が起こって、船が前に進んでいく。
IMG_56910_20190727215727f87.jpg
船というにはあまりにしょぼい気がする物体がただ前に進んでいくだけなのに、シロンは必死に見ていた。
IMG_56930.jpg
1m程度進んでくる船をじ~~っと見ているワンコ。向こうにいた船が~・・・
IMG_56940_2019072721573013b.jpg
波に運ばれて、こっちにやって来た。
DSCN81450.jpg
お姉さん、早くボタンを押してください!水が全然動いてません。。。
DSCN81470.jpg
お、動いた、動いた。
DSCN81490_2019072721561197f.jpg
あれ、船は行っちゃってますけど・・・水槽ガン見のシロン。
ってことは・・・シロンが見ているのはしょぼい船の方じゃなくて、激しく揺れている水、波の方でしょうか・・・?
DSCN81510.jpg
そうですよ。。。船はどーでもいいんです。。。揺れる水が不思議なんですーー
DSCN81560.jpg
そうそう、この激しく揺れる水が不思議。
ちなみに、こっちは波に向かって進む船のモデル実験。どんな内容だったか、忘れたけど…
相当な回数、眺めていたシロンだった。さやが動画も撮ってたけど、写真だけ。
DSCN81620.jpg
また違う水槽を眺める犬。
生きている魚がいる水族館の方は少ないながらも人がいたけど、このコーナーにはだ~~れもいない。シロン貸切です!
だから、何度もボタン押して犬が占領していても、誰にも文句言われることもないのだ。
DSCN81710.jpg
これは、シロンは全く興味を示さなかったけど、人間さんはみんな気になった。
他にも外国人が作った古い日本地図が何枚かあったんだけど、どれも北海道がないのです・・・江戸時代に北海道は日本じゃなかったのか??
蝦夷ってロシアじゃないですよね…日本ですよね…なんでどの地図にも描かれていないのだ?
江戸時代に松前藩ってあったと思うんですが・・・江戸幕府の藩があったはずなのに、どの日本地図にも載っていない北海道。
北方領土返還っていうけど、じつは昔の外国の人たちは本州より北側を日本だとは思っていなかったのだろうか??ここにあったのは、外国人が作った日本地図…
これより少し後に伊能忠敬は北海道も測量したはずだけど、外国人が作った日本地図に北海道がなかった。

もう1点、気になるのが今の日本海のとこに書かれた名称。
今は日本海と呼ばれている大陸と日本の間の海にMER DE COREEと MER DU JAPON の文字。MERはSEA、COREEはKOREAですよね…
大陸に近い側を韓国海、日本側を日本海ってこの頃の地図に表記しているから、韓国がこの海を「日本海」ではなく「東海」と呼ぶように呼び掛けているのも、向こうにしたらそうなんだろうなーって気がする。
冠詞が韓国は女性名詞につけるDEが使われていて、日本は男性名詞につけるDU、フランスでは国にも性別つけるんですね…
P_2019030411.jpg
これは、忘れていた写真。
P_2019030412.jpg
さやがクマノミ水槽の内側から撮っていたやつ。
P_2019030413.jpg
この水槽の中にはカクレクマノミしかいなくて、外敵がいるわけでもないのに、なんでこんなにぐちゃ~っと集まっているのだろう。
P_2019030414.jpg
うちは群れるのは嫌いです。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

骨格標本

わんこ、カートの中で寝始めてますね・・・
DSCN81290.jpg
これまた前から写しているのでサイズがいまいちわからないけど、ピグミーシロナガスクジラの骨格標本。
DSCN81300.jpg
模型じゃなくて、タイプ標本、本物の骨のようです・・・全長18.6m・・・
IMG_56880_20190726184533eb0.jpg
本物の骨のよーな気がする。
DSCN81310.jpg
タイプ標本とは,新たに種の学名を付けるための記載論文中で使用され、学名の基準として指定された標本だそうですけど・・・よくわかりません。
DSCN81360.jpg
屋内展示なので長さがわかるように全身入れて撮るのは難しい。
DSCN81370.jpg
前から撮っていて後ろが短く見えるのかと思ったけど、このクジラは頭でっかちで胴が短いのだそうです。
DSCN81380.jpg
30m級のシロナガスクジラと比べたら、かなり小さい。それでも18m越えてるようです、この個体。
IMG_76700_2019072618484103c.jpg
これは太地のくじらの博物館に展示されていたセミクジラの模型。
IMG_76820_201907261848426fa.jpg
太地のは骨じゃなくて肉付けされた実物大模型、これで約15mらしいので、三保の骨の方がもう少しデカい。
上のクジラの大きさ比較の表で一番下にいるちっこいのがセミクジラで、シロナガスクジラと比べるために上の方に書かれているけどピグミーシロナガスクジラはセミクジラと同じくらいの大きさに見えるからこれよりちょっと大きくて、頭がも~っとデカいクジラってことでしょうね。
2012年の写真なので、シロン7歳、さや15歳。さやが小学生みたいに見えるけど…
ちなみにこの時ぶら下げているバッグ、たぶん今回も同じものを持ってきている。ババ臭い雰囲気のショルダーバッグなのだが、本人はやけに気にいっているのだ。パラシュートの生地でできているので軽くて丈夫です!って言われて高島屋で買ったたいして高級でもないバッグなのだが、若者が7年以上使っているとは、びっくりだ。
あ~~、そういえば、この旅用にカートを買ったから、シロンのカートも7年前のモノってことですねー
IMG_76980_20190726184844ddf.jpg
これ、デカすぎるうえに地面より高いとこに展示されているから、三保の骨と比較しづらいけど、全長26mのシロナガスクジラの全身骨格標本。
太地のは頭が下で尻尾を高くして展示されているのか、もともとこういう体型なのかわからないけど、背骨がけっこう湾曲しているように見える。
上の図でも尻尾側がけっこう下がっているから、ピグミーの方とは雰囲気が違う。
胴体詰まって足短めちんちくりんのポメラニアンとサモエドの違いみたいな感じか。。。
ピグミーpygmyは小さい人や動物を意味する言葉、ポメラニアンの別名・ツベルクスピッツのzwergはドイツ語で小人だから、同じよーな意味ですものね・・・矮小白長須鯨と漢字では書くようです。20m近くあっても、矮小…普通のシロナガスクジラが大き過ぎです…
IMG_56680_20190726184532d9e.jpg
これは何かというと、水圧でつぶれた鋼球。
直径50㎝、厚さ10㎜の超高張力鋼(なんかわからないけど、名前からしてすごく硬そうな物体に思える HT70鋼の2倍の硬さ・・・と書かれてもどれだけ硬いかわからない・・・)の実験用耐圧球殻に1119気圧(水深10700m相当)をかけたら、こんな風につぶれたってことだそーです。
何もかもが日常とかけ離れた数字で、さっぱり想像がつきません。。。
ものすご~く硬くて分厚い球が破裂するような深海に住んでいる生き物って・・・
DSCN81400.jpg
駿河湾は水深2500m・・・日本一深い湾だそーです。その先にそびえる富士山との高低差・・・6000m以上!
そりゃ駿河トラフででっかい地震が起こっても不思議じゃないですよねー東海地震は単独で発生したことはなくて、南海や東南海の地震と必ず連動して起こっているそうですけど・・・

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

カクレクマノミとメガマウス

DSCN81110_20190725213944e0b.jpg
じつは抱っこで入ってもよかったっぽい水槽。
カートの中にいないとダメだと思っていたので、さやは入ったけど、ここで眺めていたシロンくん。
IMG_56600_20190725213916ecb.jpg
姉ちゃん入ったけど、僕は入れないんですか~~~?
この時はダメだって思ってたから、入れなかったんです。でも、HPには抱っこで見学可と書かれていて、入ってる犬の写真なんかも検索すると出てきたから、べつに入ってよかったみたいだ。
IMG_56590.jpg
海藻も砂や石もないとこに魚だけ泳いでいるって、やっぱりヘン。
IMG_56640_201907252139176f7.jpg
じつは、ここ、1977年に世界で初めてカクレクマノミの繁殖・育成に成功したところなんだそうです。
ちょいと隠れた裏手に繁殖スペースみたいなとこがあって、小さいクマノミや病気で隔離されているクマノミが水槽やプールみたいなとこに入っていた。ここは母とさやだけ入って行って、パパとシロンは待っていた。入って行ってといっても飼育スペースに入れるわけではなく、メインの通路から外れた専用の通路からガラス越しに見れるだけ。
IMG_56700_20190725214105851.jpg
その先は生きている魚がいなくなって、雰囲気が変わる。
こっちから見ると大きさがよくわからないけど、「メガマウス」だからデカいですよ~
DSCN81160_2019072521402794c.jpg
デカくても、作り物だとわかっているから、余裕のシロンくん。
DSCN81180.jpg
でも、あの口は怖いかも。。。
ご心配なく!メガマウスはプランクトンを食べているそうなので、襲っては来ません。サメだけど歯はとても小さいそうです。
IMG_56810_20190725214149d7a.jpg IMG_56830_201907252141500fe.jpg
深海にすんでいる幻のサメといわれるメガマウス、日本で初めて見つかったのは静岡県なんだとか。
目の前に深い深い駿河湾がありますからね・・・変わった魚がいても不思議ではない。
IMG_56740_201907252141072de.jpg
前から見たらシロンとたいして違わないように見えるサメだけど、横から見たらデカいです。
IMG_56750_20190725214108353.jpg
隠れた??
DSCN81230.jpg
上のサメがシロンの方にやってきている風?
じーーっとサメの方を見ているシロン。
DSCN81250.jpg
全く動いてませんから・・・襲ってこないと思います・・・冷静な犬。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

東海大学海洋科学博物館

昔から三保の水族館といってるけど、正式名称は東海大学海洋科学博物館というようだ。
東海大学の海洋学部、何をやるとこか知らないけど、さやと妹の息子の2人がなぜか行きたがっていた。
結局違うとこに進学したけど、なぜか2人とも最初は海洋学部に行きたいって言ってたんですよねー
海洋学部はここにしかない。何をするつもりだったのか??
IMG_56260_20190724211421098.jpg
ん??いかつい顔したデカい魚がいます・・・クエ?
恐竜時代からいるんじゃなかろうかと思うような雰囲気。この水槽の中の魚は食材になると高級魚のよーな気がする。
IMG_56280_20190724211422537.jpg
どど~~ん!と、ここにもすごい顔したチョウチンアンコウ。(生きてません・・・)
IMG_56310_20190724211424ccd.jpg
頭の上のアンテナみたいなのもすごいけど、体格もかなりご立派。
アンコウは体の大きいのが♀だそうですから、このすごい顔の魚もメスなんでしょう・・・前にいるオス犬の方がかわいいです・・・
IMG_56340_20190724211425fa2.jpg
駿河湾の深海にはこんなのがいますって展示だそうです。
興味のある人には楽しいんだろうか?お魚の死体が並んでます~って感じ。シロンは興味ないから、寝始めた。
IMG_56370_20190724211427291.jpg
おたまじゃくしのお化けみたいな魚。
魚好きなさやなら名前がわかると思ったのだが、忘れたそうだ。鉄腕ダッシュで時々城島さんが捕まえている魚のような気がするけど。
DSCN81110_201907242115367db.jpg IMG_56410_201907242115383ee.jpg
カクレクマノミ水槽前。
IMG_56430_20190724211639702.jpg
これまたシロンを写そうとすると、水槽が明るくなりすぎて中が見えにくい。
この下の穴から水槽の方にさやが入って行った。抱っこでOKだったら、シロンも行けたのにねー
IMG_56470_20190724211640eea.jpg
さやが入って行く前から、ここにぐちゃぐちゃ~っと集まっていた。
IMG_56490.jpg
この水槽って、なんかすごく不自然。
IMG_56520_20190724211643167.jpg
石も海藻も何もないとこに、カクレクマノミだけが大量に放り込まれているんですよ~
カクレクマノミなんだから、イソギンチャクを一緒に入れた方が自然な展示になると思うんだけど・・・
カクレクマノミは生きてるけど、他がすごい無機質な空間だ。
IMG_56550_20190724211645e90.jpg
クマノミ水槽の中にいるっぽい、さや。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

三保の水族館

水族館の入館料は大人1500円、+300円で自然史博物館にも入れるけど、この日は水族館だけ。
IMG_55980_20190723204813791.jpg IMG_56000.jpg
小さい水槽に小さい魚が入ってます・・・ここで1500円払うくらいなら2300円の海遊館の方がいいですね・・・シロンは入れないけど。
これまた小さいドーム型の中に放り込まれたシロン。しかし、横や上にいる魚に興味はないようだ。
↓ 一人で置き去りにされた犬。
IMG_56040_201907232048166c6.jpg IMG_56050_20190723204818e7e.jpg
券を売っていたお姉さんがカートから出さないでください!っていうから、そうだと信じ込んでシロンを抱っこして持ち上げることなく、魚と一緒に写真撮れないねーと言っていたのだが、あとからよく見たらHPにはリードを付け抱きかかえても見学可と書かれていた。
カートの中に入れっぱなしじゃなくて、抱っこも認められていた。
でも、3人とも受付のお姉さんの言い方だと、カートから出してはダメと理解したので、真面目にカートの中に入れっぱなしにしてたんですけど…抱っこしてよかったなら、もうちょっとマシな位置にシロンを出せたのにねーこの日は全然人もいなかったんだし、迷惑になることもなかったのに・・・
IMG_56100_201907232048192a3.jpg IMG_56110.jpg
生き物が展示されている場所でフラッシュは使えないから、暗い館内では写真はとても撮りにくいです!
ガラス越しにエイや魚の群れがいるのは見えた。けど、シロンをカートから出しちゃダメだと思い込んでいるから、水槽との位置がいまいち・・・
抱っこで入館可としているなら、カートから出しちゃダメじゃなくて、下におろさないでくださいとか、館内を歩かせないでくださいって言い方にして、抱っこで見て回ってもらうのは可能ですって言ってくれたら、見学の仕方も変わったのに…、
行ったのは3月だから、平成30年度は抱っこ不可で令和になって抱っこ入館可になったのか??
IMG_56160_2019072320503542c.jpg
長~~いリュウグウノツカイの標本。
これ、さやが小さい頃に来た時には、斜めの坂のとこに展示されていたような記憶があるんだけど・・・普通に平らな場所にあるな。記憶違いか、展示場所が変わったのか??
IMG_56170_20190723205036e7a.jpg
前に見たのは1匹しかいなかったと思うけど、これは2匹いるように見えるから、やっぱ変わっているよーな気はする。
IMG_56180_2019072320503844e.jpg
なにこれ??って感じのシロン。
それは深海魚の「リュウグウノツカイ」なので、生きている状態でシロンが出会うことはないと思います。
IMG_56210_2019072320494301c.jpg IMG_56220.jpg
暗いですね~~・・・クラゲの水槽。
けど、水槽に明るいライトがついているので、水槽のクラゲだけなら写せますよ。シロンが見えるようにすると、クラゲのとこが見難くなるけど。
IMG_56230_20190723205039f27.jpg
さやの姿が写るようにすると、クラゲ水槽がま~~~っ白。
IMG_56250_20190723205041ae2.jpg
水槽が写るように調整すると・・・こんな不気味なクラゲが泳いでいた。
生き物がいるとこは、暗くてもフラッシュは使えない場所だから、写真は撮りにくいです。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

はしゃぐ老犬

昨日の写真で、三保に着いた時にシロンが車の中でお疲れモード、カートにのってもひっくり返ったままでやけに疲れているように見えたのはなぜ??と思ったら、さやがシロンは車の中ではしゃぎ過ぎたから…と、車の中でのシロンの様子を撮ったデータを送り込んでいった。
P_201903040.jpg
三保に向かう車の中、後部座席のシロンくん。
さやが必死に手を伸ばして撮っていたらしい。
P_201903041.jpg
顔が崩壊してますけど・・・何がそんなに楽しい??
シロンが後部座席に乗るとしたら、でっかいクレートに放り込まれていることが多いのだが、この日はさやと一緒にむきだしでのっていた。
P_201903043.jpg
シロンが前足で抱え込んでいるのは、シロン用お散歩バッグ。
家を出る時に前足のせてたけど、自分で持てないやつ。けど、ここでは物の上にのっかっているやつを抱え込んで自分で持っている風。
バッグ持ってお出かけです!!(シロン)
P_201903044.jpg P_201903045.jpg
高い位置に顔があるけど、さやに抱っこされているわけではなく、座席の上に置かれた布団の上にもたれかかって立っているのだ。
これは離れて撮っているから、母が写したような気がする。
横浜の家には掛布団はあるけど、敷布団が少ない…さやの寝る分がないような気がする…ってことで、敷布団持参で来ているのだが、後ろには他の荷物がいっぱいなのでさやの横に置いた布団の上から顔を出して外を見るのが楽しいらしい、シロンくん。
P_201903046.jpg
どうせなら、この布団の上によじ登りたい・・・
P_201903047.jpg
ここに乗ったら楽しそうなんだけどーー
P_201903048.jpg
老犬にそんなパワーは残っていない。
P_201903049.jpg
いちおう乗ろうともがいていたようで、お疲れアホ面になっていってます。。。
で、到着した時には疲れてぐったりしていたのですね・・・年齢考えずに、はしゃぐから~
P_201903020.jpg
さやからもらったデータを見たら、富士山博物館前の石に触っているシロンの写真があった。母とは反対側から撮っていたようだ。
 この下の方で金運の石にタッチするように!ってさやに言われて、パパが無理矢理さわらせているとこ。ここでも、まだ拒否してる感じ。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

三保へ

3月4日(月)、横浜に移動です。
IMG_55680_2019072114424859a.jpg IMG_55720.jpg
毛ごとふんわり着られるように大きめサイズを買ったから、体型に沿ってピタッとならず、すごいデブ犬に見えますよ。
IMG_55740_20190721144349696.jpg
だれがデブ?? あちこちあまりまくってるデカいサイズの服なんですーー
意味もなく300円入った財布(ピンクのいちご)を背負わされるシロン。
シロン用ってことで、家を出る時になぜか中に200円入れてきたのだが、さやがSAでガチャガチャしたいのに100円足りない…って時にそこから100円使ったので、母が追加で200円入れておいた。
さやは金運の石をさわった効果でシロンの財布の中身が100円増えたと言ってますが…さやが勝手に100円使っただけで、シロンは自分で使うことがないから関係ない気がする。
DSCN80990_20190721144449439.jpg
はいはい、おでかけですよ~~~
三保の水族館に行くか、先に突っ走って油壷の水族館まで行くか・・・あいかわらず出発時間が遅いので、三浦半島まで行ってから水族館ってのは到着が遅すぎて見る時間がないでしょーってことで、三保の水族館へ。
DSCN81000.jpg
天気がよかったら、伊豆のどこかに寄ろうかと思っていたけど、東の方はまだあまり天気はよくないらしい。
ここは晴れているので海沿いから行きましょう。うちでは命がけ道路という久能街道。
休みの日はたぶんよそから来た車で渋滞してるけど、平日はガラガラ、どっち向けも全然車が走っていない。
駿河湾の海底で地震が起こったら、数分で津波が来ると言われているけど、逃げ場がありませんからねーこの道。
海沿いの道はいちごのハウス以外たいしたものがないはずだったのに、ずいぶん建物が増えて、危険ですね。開発しちゃダメな場所だったのに…旧市民は東海道線より南側はそういう危険があるという認識なので、線路の向こう側はなんとなく行かない。
DSCN81020.jpg
そういいつつ静岡市内(旧清水市)では危険度MAXの地域へ。
三保半島の一番先っぽにある東海大学海洋科学博物館に到着。
もともと混雑するような場所じゃないけど、月曜日なのでよりいっそうガッラガラ~
建物に近い駐車場は下が舗装されていなくて、水たまりだらけ。駐車料金は一緒だから、ちょっとだけ先の舗装されたとこに止めた方がよかったかも・・・
DSCN81030.jpg
けど、この辺は地震が起こったら、2分以内に第一波が来るそうで、建物の上層階に上がる以外の逃げ場はないので、少しでも建物に近いとこに止める方がいいのかもしれない。
エスパルスプラザの外にいる時に揺れたら、揺れがおさまって動ける状態になったらすぐに建物めがけて走れ!と。自力で動けない人にかかわっていたら一緒に流されるかもしれないので、そういう人は見捨てて自力で走れる人だけ、さっさと走って逃げろと。
ここにはお荷物シロンがいるのですが・・・
DSCN81050.jpg
カートにのっけられても、なぜか上を向いて寝ている犬。
カートにのせて走れば、普通に走るよりは遅くなるけど、まあそれなりのスピードで移動可能でしょう。地割れがなければ!
阪神淡路の時、うちの建物の周辺はあちこち地面が割れて、地中の管とか見えていた。道路も段差だらけで車がそのまま走れない状態になっていたので(しばらくしたら、住民が狭い割れ目には板とかのっけて通れるようにしてたけど)、避難時にカート利用は難しいこともあるので、シロン用抱っこ紐を用意してある。
多頭飼いで避難にカートを使うつもりでいる人は、それが使えない状況も想定して、両手で抱っこしきれない犬たちをどうやって運ぶか考えておいた方がいいでしょう。液状化でぐちゃぐちゃになってる場合もあるし…
IMG_55830_20190721144818b44.jpg IMG_55870_20190721144820310.jpg
うちはでかポメ、この子だけで精一杯なので、もう1匹飼うことはない。
兄ちゃんとさやが5年も年の差があるのも、兄ちゃんが幼稚園に入って手が空かないと2人同時に連れ歩くのがたいへんだったから。
上の写真は水族館ではなく自然史博物館前。
すごく胴体が立派で首短めのぶかっこうな恐竜の像。
IMG_55890_20190721144658c7c.jpg
でも、色はシンプルだからまだマシです。
横の肉食恐竜らしき奴は一緒に写りたくないくらい不気味な色合い。
IMG_55910_20190721144700c6e.jpg
こっちの写真の後方に写っていますけど・・・変な色の恐竜像。
IMG_55930_20190721144701cf2.jpg
自然史博物館の方には入らないので、水族館の分だけ券を購入して入館。
ペットカートのカバーを閉める必要はないけど、カートから出すのはダメだそうです。
どこぞの水族館はカバーかけていないと入れなかったから、ここはまだ犬連れに優しい。
IMG_55950_2019072114470323f.jpg
が、魚を見ないで母の方を見ている犬が。。。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

避難中??

日付は4日になっているけど、まだ寝ていない3日の夜…って感じの時間ね。
IMG_55430.jpg
ベッドのある部屋は幹線道路沿いでうるさいから使わない。板張りの部屋に布団を敷いて寝るのは硬いからイヤ。
畳の部屋は他にもあるのだが、仏壇があったり、巨大なタンスが置いてあったりで、上に倒れてこられたら危険なので、結局、大きな家具がないこの部屋に布団も敷いて寝るので、横によけた座卓の下に入り込んだ犬。
IMG_55470_20190720094541fa8.jpg
留守番中に地震が起きたら、この下に隠れるんだよ!とシロンに教えているけど、寝る時もそこですか・・・
IMG_55480_20190720094542dc4.jpg
ん?
IMG_55500_201907200945444ad.jpg
?? んんん??
普段おめにかかることのない白目まで出して、上方確認中のシロン。
一体、何がそんなに気になるのだ。普段食べるものもないからネズミが住みついて走り回っているなんてこともないだろうに…
この家で一度だけネズミが出たことがあったのが45年ほど前の話。この和室の天井裏をネズミが走り回る音がして、ネズミ捕りをしかけてみたが捕まらず、けっこう長い間、天井裏を走り回っていた。
で、しばらくして真昼間に外の風呂焚きがま(当時は薪で風呂を沸かしていた)の煙突付近でネズミ発見!
母親が火バサミでそのネズミを撲殺するという大胆な退治の仕方をしてくれた。
小さくてちょこまか動くネズミを火バサミで退治するとは、鈍そうに見えて意外に俊敏な親だったようだ。
てっきりでっかいドブネズミみたいなのが走り回っているのかと思ったら、小さくてまっ白なハツカネズミ。捕まえてペットにしたいくらいかわいいヤツだったけど、容赦なく抹殺したうちの母親。
天然物で白いハツカネズミが1匹だけ走り回っているってのも不自然だから、どこかのペットが逃げ出したヤツだったのかも。その後にも先にも、家でネズミを見たことがないし、みためがかわいいネズミだったし…
IMG_55520_201907200945451bf.jpg
なぜか上を警戒中のシロン。
野良猫が屋根の上を歩いているって可能性はあるかもしれません。
IMG_55540_20190720094614a76.jpg
激しくピンボケ。
怪しい気配を警戒しておとなしく隠れているのかと思ったら、座卓の下から抜け出してきた。
IMG_55560_20190720094616599.jpg
いや、抜け出してはいない。頭を出しただけで、止まった。
IMG_55600_201907200946178c5.jpg
やっぱり上を見続けている。
IMG_55610_20190720094619a4a.jpg
机の下にいたのではよく見えないから、出てきてさらに詳しく観察中??
IMG_55630_20190720094620153.jpg
静電気なのか、頭の毛が逆立ってます~ スーパーサイヤ犬。もともと金髪ですけど…
IMG_55640_20190720094651e66.jpg
シロンにしてはゆとりの隙間があるから、そんなに抜け出た~~ってポーズで出てくるほどの場所でもないんですが…
IMG_55660_2019072009465218f.jpg
布団の上に抜け出したとこで、さやのスマホ見て、ポーズを決める犬。
匍匐前進の練習中ですか???

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

すねた?

3月3日は雨!だったので、シロンと父ちゃん放置で母とさやはおまちでお買い物。
だけど・・・109がなくなって東急スクエアになったとこが・・・とてもしょぼい。
マルイの中も店がガラッと入れ替わっていて、おしゃれな店はほとんど残っていない・・・昭和の新静岡センターみたいな雰囲気になってるんですけど・・・京都の某ショップのお姉さんが静岡店に配属になっていたことがあって、京都より静岡の繁華街の方がお洒落でよかった…って言ってたくらいキラキラしていたとこが、超錆びれてますー
さやも京都より静岡の方がいいからってわざわざ静岡で買い物してたのに、な~んかしょぼくなったわ、松坂屋とセノバの間のお店群。ネット販売の方が賃料や人件費がいらないから、地方都市のお店を減らしにかかったんでしょーかね…
IMG_55040.jpg IMG_55050_20190719144555b4d.jpg
さやはセシルマクビーが好きなのだが、109閉店でパルシェに移転していたことを忘れ、駅から離れた方に向かってしまったので駅まで行くのが面倒…ってことで、東急スクエアに入ってた店の中で服を選んでいた。けど・・・その店、近所のイオンにもありますよ・・・わざわざ静岡で買わなくても・・・
IMG_55070_201907191445566ca.jpg IMG_55080_20190719144558528.jpg
肉をつかんだままのさやに、必死でちょうだいアピールしているシロン。
ください・・・お願いします~~~
IMG_55090_201907191445592a6.jpg IMG_55120.jpg
それでもまだもらえない。
お願いだから、その肉を・・・ください。。。と訴えるシロン。
IMG_55210_20190719144626bd9.jpg IMG_55230_20190719144628f94.jpg
なかなかもらえなかったから、どっか向いちゃってますけど~
じらし過ぎですよ、お姉さん。

芸能人が紹介したとかで、ハンバーグ店の「さわやか」ってのがやけに流行っているのだが、静岡人ならだれでも知っているみたいにいわれているけど、昔の静岡市民、まったく知りませんけど。。。県の西部の方にあったお店だそうですから、静岡市内の人は21世紀に入ってから知った程度じゃなかろーかと。
静岡市内でハンバーグといえば、昭和の時代は「三笑亭」
100年以上前から営業している老舗で、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキがおすすめのお高い店だけど、庶民向けにハンバーグもあったのです。だから、子供の頃に連れて行ってもらって食べるハンバーグといえば、三笑亭であって、さわやかは聞いたこともなかった静岡市民。浜松方面のお店ですから…静岡市内とは別世界ですわ…ひろ~い静岡県。
けど、中がほぼレアのひき肉を提供するって…危険でしょ。ゆっけが禁止されたから、ちょっと表面焼いて食べさせてるって感じで実際はユッケ食べたい人向けの食べ物ではなかろうかと。
普通のハンバーグと思って食べに行った人は、中が生で気持ち悪い!って。日によっては鉄板もぬるくて、じゅじゅ~っと焼くこともできずに、ほんとに生っぽいハンバーグだって。
昔、親戚のおじさんがハンブルグステーキはドイツのHamburgが発祥だから、そこに行った時にレストランで本物をレアで食べたい!と注文しようとしたけど、それらしきものがないので店の人に聞いたら、そういうメニューはなく、ひき肉に火をしっかり通していない状態で提供することは危険なので作ることはできないと断られたとのこと。
日本でもドイツでも中まで焼けてないハンバーグは出しちゃいけないって思うのが普通ですよ・・・なんで、そんなものを堂々と販売しているのか?温度管理を徹底して菌が繁殖する前に食べてしまっているのでしょうけど、ひき肉の生はやっぱ危険と隣り合わせな気がする。小さいときからそういう食べ方をした子供が、大きくなってスーパーで買ってきたひき肉で生焼けハンバーグを作って食べたりしたらとても危険だと思います…
肝炎のウイルスの危険があって、食中毒みたいにすぐに発症するわけではなく、間をおいて発症する肝炎にかかる可能性があるから、うちは火の通っていないひき肉は食べない。
IMG_55250_20190719144658dc9.jpg
自宅のさやの部屋は超絶汚いが、こっちに来てもすぐにまき散らすのは変わらない。
この部屋以外に7部屋もあるから、どこか別の部屋に置きに行ってくればいいのに、とにかく自分の手の届くとこに置いておきたいやつ。
IMG_55320_20190719144659e95.jpg
母はウールやアクリルが嫌いなので毛糸のセーターを持っていないし、さやもまったくそういうのを着ることなく過ごしてきたのだが、なぜか去年の秋頃に毛糸の服を何枚も買った。
みょ~に安かったけど、かさばるし、毛糸の服は着るたびに洗濯するようなものでもないし、何枚も買ってもそれを取り替えて着るのに洗うまで置いておく場所が・・・困る。1シーズンとはいわないけど、2シーズンくらい着たら、毛糸のモノは全部捨てて欲しいわ。
ちなみに、この日買ったのは春物なので、まだ袋の中に入ったまま。ここに転がっている大量の服は、家から持ってきた分。
IMG_55330_20190719144701533.jpg
さやの服の上に乗って、におい付け中?
IMG_55340.jpg
いえ、直接服の上に乗っちゃダメ!って、タオルをのせられたから、自分のタオルにのっかってるだけですー
IMG_55360_201907191447048a5.jpg
これは、僕のタオル。。。
IMG_55370_2019071914472895e.jpg
あっちは、姉ちゃんの服。
IMG_55380_2019071914473075f.jpg
さやの服の方に移動する犬。。。一人で勝手に遊んでますわ。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

山中湖~道の駅・すばしり

DSCN80630.jpg
対岸の斜面だけ日が当たってる気がするけど、冷えてますよー
小さい白鳥の足こぎボートもあるけど、こんな日に吹きっさらしの湖上に出ようなんて人はいないから、乗ってる人はいませんけど…
DSCN80650.jpg
ちょっと、お姉さん・・・せっかく知らない場所に来ているんだから、スマホ眺めてないで、周囲を見なさいよ。
DSCN80680_20190717203029b36.jpg
ん?なぜかシロンまでスマホを眺めているではないか。。。
兄ちゃんもさやも出かけていても、スマホ眺めていたり、ゲームしていたり、全然現地を見てないんですけど・・・
DSCN80800_20190718132602589.jpg
で、また道の駅。今度は富士山の須走口に行くふじあざみのラインの入口にある道の駅・すばしり。
ここはもう山梨ではなく、静岡の小山町。
ここでも、またスマホ見てますよー・・・
裏側の外席は犬OKなのだが、何年か前に来た時は雪が積もっていて通路が封鎖されていて入れなかったのだ。建物内はペット禁止だから、外通路が通れないとこの場所には入れない。
DSCN80820.jpg
この日は入れたけど、おやつはその前の道の駅・富士吉田で食べたから、ここではもういらないわ。
シロンと父ちゃん放置で土産物を物色していたさや。こいつの買い物は時間がかかるので待たされる人と犬はたいへんです。
DSCN80830_20190718132634550.jpg DSCN80860_20190718132636c93.jpg
ここにどど~~ん!っと見慣れない角度の富士山がそびえたっているはずなんだけど、この日はまるっきり見えない。
IMG_58180_201907181339239a7.jpg
前にものせたけど、数年前、晴れて富士山が見えていた日の写真。
宝永山が左側にある~~うちの方とは真逆の方角からの富士山。ここの標高が高いから、富士山の裾の方が見えなくて、なんとなく高く感じない富士山。広がりがないのです・・・
富士山に一番近い道の駅だそうですけど、近過ぎて・・・大きい物は少し離れた方が全体が見えてよいと思います。
ここから静岡に帰るのも、横浜に行くのもほぼ一緒の距離なんだけど、この日は静岡に戻りますー
DSCN80940.jpg
周りが汚くて目立たないけど、静岡に帰ってきて、姉と弟、仲良く寝ていた。
シロンは寒い時でも布団の中で寝ないで、布団の上で寝る派なんですけど・・・さやに引きずりこまれたようだ。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

山中湖

IMG_54820.jpg
山中湖についたけど、すごく暗いです・・・
IMG_54830_20190717203055539.jpg
そして寒いです。。。
IMG_54870_201907172030575f7.jpg
横でさやが寒い、寒いと騒いでいる。静岡は暖かいから毛糸の服なんか着ていた暑いってことで、前日は肩が透けてる服を着ていたけど、この日は富士山の向こう側はきっと寒い…ってことで、セーターにもふもふキツネ(タヌキだったかも)の毛付きダウンコートでもこもこしているのに、寒いんだと。
IMG_54880_20190717203058742.jpg
レンズを絞っていないので後ろがボケてよく見えないけど、湖に白鳥のボート。遊覧船「白鳥の湖」というらしい。
天気が悪くて冬っぽいけど、3月に入っているので冬季運休ではなく、16時過ぎてもボートは動いていた。
IMG_54900_20190717203100e46.jpg
かなり眠そうなシロンくん。
IMG_54920_201907172032158fd.jpg
何も見えてません・・・状態。
IMG_54930_20190717203217dcf.jpg
抱っこされたまま、寝てます。
IMG_54940.jpg
広角にして絞ったので、後ろのボートがわりとはっきり写っている。もうすぐ桟橋に到着ですね、このボート。
富士山も見えない寒い日に乗っている人はいたんだろうか?
IMG_54980_20190717203220122.jpg
湖を背景にしても、ここがどこなのかさっぱりわからない気がする。
急にぱっちりおめめのシロンくん。
IMG_55010_20190717203221ba7.jpg
と思ったら、また寝てますー さやは寒い、寒い!とうるさい。
DSCN80750.jpg
近くの道路にあった気温表示板には「4℃」と出ていた。日没前でこの気温だったら、日が暮れたら凍結注意が出そうなので、急いで帰らないと~~

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

河口湖~山中湖

帰る前にお店の前の河口湖畔に行ってみた。
IMG_54440_20190716162911e69.jpg
すぐそこだけど、店からここまでキャンディちゃんが先導してきてくれたのだった。ついて来て!って感じで、前をトコトコ歩いてやってきた。
が、なぜかこの時はシロンの後ろにキャンディちゃん。シロンの後ろ足が跳ね上がっているけど、べつに蹴りを入れているわけではない。この時、シロンは後ろにキャンディちゃんがいることに全然気付いていなかったのだ。
IMG_54470_201907161629130aa.jpg
店の中にいる時はキャンディちゃんの方がはるかに大きな犬のような気がしていたのに、外で立っている姿は大差ないというか、毛の厚みがある分、シロンの方が大きく思えるくらい。写真ではキャンディちゃんの方が手前にいるけど、特別大きく見えない。足も胴体もそれなりにボリュームがあるから、体重はありそうだけど・・・シロンは水をかけたら、ふわふわ毛が寝て、ちっこくなります。
IMG_54480.jpg
背後につかれるのが嫌いなシロンくん(臭い嗅ぎをさせない犬)、突然振り向いて、わん!
こら、あいかわらず犬に愛想の悪い奴だ。人間には愛想いいのに、犬に近寄ってこられるのは嫌いな犬。
IMG_54490_20190716162744d30.jpg IMG_54530_2019071616274508b.jpg
あれは・・・犬です・・・
僕は犬が嫌いです・・・来ないでください・・・
IMG_54550_2019071616291690f.jpg
僕は人間の世界で生きているんです~~犬とは関わらない主義なんですけど・・・
IMG_54660_20190716162747b35.jpg IMG_54700_201907161627485ed.jpg
まあまあそう言わずに・・・同じ年のわんちゃんだし、おとなしい子だし、仲良くしろとまでは言わないけど、吠えちゃダメです。
お店の中では近くにいても吠えないのだが(この日も隣の席にはトイプーちゃんもいたし…)、外では近付くな!!なシロンくん。体1つ分くらいは離れていて欲しいのだ。
↓ お店の外観、テラス側
IMG_54730_20190716162806c42.jpg IMG_54760.jpg
寒くない季節は湖畔でバーベキューとかのメニューもあるらしい。テラス席の眺めもよさそうだ。
ただし、河口湖の南側にあるので、河口湖越しの富士山が見える位置ではない。
店の前でお見送りのキャンディちゃん。(こっち側からだと、晴れていれば富士山が見えるようだ。)
腎臓が悪くて、時々倒れていることがあるので、注意してみていないといけないらしい。
IMG_54750_2019071616291796a.jpg
お店の前には薪がいっぱい。
大人の火遊びしているそーです。。。
IMG_54790_2019071616293725c.jpg
店主さんと常連さんが外で焚火してたので、見送られて出発!
そんなに時間はかからないっていう話なので、山中湖を回って帰ります。天気がよかったらこの辺でお泊りして横浜に向かおうと思っていたけど、ヘンな天気なので静岡に戻ります。
DSCN80560.jpg
河口湖からは東富士五湖道路ではなく、国道で山中湖へ。
途中、忍野八海もあるけど、もう遅いし、天気がよくないのでパス。
DSCN80590.jpg
この日は全然お目にかかることのなかった富士山が、ちょろっと前に顔を出した。
DSCN80580.jpg
ほとんど見えてないけど・・・富士山の上の方だけ雲の隙間から見えていた。
うちは南西側から富士山を見ているけど、こっちは北東でまるっきり見る角度が違うから、富士山の形が違うんですよね・・・
静岡から見える富士山は右側に宝永山がポコっと飛び出している姿なのだ。
IMG_54800.jpg
山中湖到着。30分もかからずにつくはずの距離だけど、到着は1時間後・・・
そういえば途中、富士山レーダードーム館ってのがあったから寄ってみたけど、ペットを連れて入れない場所だったから、隣の道の駅・富士吉田で買い物したりしてたのだな。そこでふじやまビールっていう樽みたいな缶に入ったビールを買ったけど、薄くておいしくなかった。飲みやすいビールっていうけど、うす~いビール、水で薄めたビールみたいな感じで、いまいち。
缶が大きいから、兄ちゃんがいる日に開けて飲んだけど、みんなが口をそろえて、薄い!まずい・・・というビールだった。山梨はビールよりワインのイメージですからね・・・ワインも買ってきたけど、まだ部屋に転がったまま。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

道の駅からパルティータへ

3月2日、道の駅なるさわにある富士山博物館前。
IMG_54340_2019071514250725e.jpg
石に興味はないけれど、ポーズはしておく犬。
IMG_54360_20190715142508d21.jpg
さやにくちゃくちゃにされる。
IMG_54370.jpg
迷惑そうな表情のシロン。
後ろに自然散策路ってのがあって、富士山一望の展望台もあるけど、犬は入れない。
この日は富士山が全く見えないので、展望台も用なし・・・
IMG_54380_2019071514251130c.jpg
晴れていれば、シロンがむいている方角にでっか~~く富士山が見えるそうです。。。
この日は何も見えません!
IMG_54390.jpg
この近くに水汲み場があって、地下300mから汲み上げている水だそーですけど、この日はだれも取りに来ていなかった。道の駅富士吉田の方は流行ってたけど、ここは人気ないのか?
ちょっとだけもらって、シロンのコップに入れてあげたのだが、シロンは飲まなかった。
さやがさわってみたら、ものすごく冷たい水だと言っていた。どうやら、冷たすぎたようだ。
DSCN80400_20190715142547938.jpg
道の駅にシロンと一緒に食べられる場所はなさそうなので、ペットとおでかけの本で店内で食べられる近くの店を探すと、河口湖畔に「パルティータ」という店があった。
テラス席OKはけっこうあるけど、行ったのは3月の始め、それもあまり天気がよくなくて、どんどん寒くなっていく日だったから(午後には気温一桁…)、外で食事なんかしたくない。ってことで、室内に入れることが最優先。
DSCN80430_20190715142659614.jpg DSCN80460_201907151427019d5.jpg
あまり広くない店内に先客2組。ちょうど1組が帰るとこだったので、それを待って席につけた。
どんなとこか知らずに行ったけど、なかなか難しい店主さん(には見えなかったのだが…)で、できれば予約してから行った方がいいらしい。
料理とはべつに100数十円(いくらか忘れた)のチャージ料金が人間にも犬にも加算される。3人と1匹で500円程度。
わんこメニューはありません。。。先客は常連さんらしい犬連れのご夫婦で、料理が作られている間、その方がいろいろとお話をしてくれていた。
DSCN80480_20190715142606988.jpg
ピザやパスタの軽食メニューなのだが・・・量がとても多い。てんこもりです~
さやは魚介類たくさんのスパゲティが食べたいけど、トマト味はダメ…ってことで、ペスカトーレのトマトなしバージョンを作ってもらうことになった。
全部ひとりで作っているので、結構時間がかかる。時間のない人は入ってはダメな店らしい。全然知らずに来たけど、べつに先の目的があるわけでもなく、急いでいないので構いませんが…
DSCN80481.jpg
シロンは何かもらえるわけでもなく、暇なだけなので、カートの中でのんたらしている。。。見えない。
パスタをスプーンとフォークで食べるのはお子ちゃまっていうけど、両方使った方が食べやすいのは確かです。スープパスタというか、汁気の多いパスタだったら、スプーンはあった方がいいでしょう。
イタリアではパスタは前菜だけど、日本人はこれ1品で終わりですから…食べ方が違ったってもんくなかろーかと。40年くらい前はどこもフォークしか出してくれなかったけど、イタトマかどこかがスプーンつけて提供し始めたら、そっちの方が食べやすいってことで広まったような気がする。
DSCN80510_20190715142609885.jpg
各自もしゃもしゃ食べていて分け合おうって気はないのだが、取り皿があるのは母がピザを注文していたから、それを分けて食べて…ってことでしょう。薄いけどとても大きなピザなので、とても一人では食べられません・・・台はシロンくんも食べていいですよ…他に食べるものがありませんから。
店内には看板犬、ワイヤーフォックステリアのキャンディちゃんが自由にう~ろうろしている。シロンと同級生のご老犬・・・
パッと見、シロンよりかなり大きく見えて、隣のご夫婦もキャンディちゃんは中型に近いけど、シロンは小さいから同じ年でも人間年齢にするとシロンの方が若いはずって言っていたのだが、この後、外に出て並んでいる写真を見たら、なぜかほとんど同じよーな大きさに見えた。あれ?座っていたら、シロンの方がはるかに小さい犬のようだったのに、立ったら同じよーなサイズ??
丸まると小さくなる犬、シロン。。。小顔だから、小さく見えるのでしょう。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

道の駅なるさわ・富士山博物館

ペットは入れない富士山博物館に入ったさや。
IMG_54180.jpg
中の展示物がみたいのではなく、手前にあるショップで石を買いたかっただけ。
博物館は無料だけど、わりと見るとこはあるらしい。恐竜がガオガオ騒いでいる音だけは聞こえてきていた。
最初はかわいい系の石を見ていたのに、さんざん悩んで、タイガーアイと四聖獣だったか、なんかしぶいブレスレットを買った。
DSCN80350.jpg
外でシロンと父ちゃんを待たせていたから、博物館の中を見ることなく、さやのブレスレットを買っただけで出てきた。
IMG_54200_20190714220918d6b.jpg
なんとなく、嫌そうな雰囲気のシロンの後ろ姿。
IMG_54240_201907142209195c0.jpg
でっかいローズクオーツしか見えないけど、周りに他の色の石もあって、なんかのご利益があるから、好きな色の石をさわって・・・みたいなことが書かれていたよーな気がする。興味がないので、よく読んでいないし、写真も撮っていない母。
IMG_54250.jpg IMG_54270_20190714220959b45.jpg
さやはシロンは「金運!」と勝手に決めて、パイライトをさわれ!と。
シロンが自分でさわれないので、父ちゃん抱っこで石にさわらせようとしているとこ。
IMG_54290_20190714221001b6a.jpg IMG_54300.jpg
しかし、シロンにはなんでそこに行かないといけないのか、理解できない。
真面目なわんこさん、ちょっと~~~、ここは入っちゃダメな場所だと思います!
と、木の枠の上に足を置いて、踏ん張っている。さらに母に助けを求める。
IMG_54310_20190714221004ddf.jpg IMG_54320_2019071422101716e.jpg
ママ~~、ここ入っちゃダメですよね!!と、同意を求めるシロン。
シロンが踏ん張るのをやめれば、パパが持ち上げて前足でちょいっと石を触らせてくれると思いますけど・・・中に入らなくて大丈夫です。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

夜~ 移動中・・・

日付が変わっていたけど、到着した日の夜。
IMG_54010.jpg
人間の布団で寝ようとしていたシロン。
IMG_54040_2019071321091592d.jpg
ここで寝ていいですか??
いえ、そこはパパが寝るとこです。シロンは・・・どこかべつのとこで寝てください。
IMG_54070_20190713210916f46.jpg
違う布団に移動したようだけど、そっちも人間さんが寝るとこです。。。シロンは座布団で寝といてください。
さっきからお腹の上にのっていたり、頭の上にのっていたり、タオルがのせられているのは、なぜ?
DSCN80100_20190713211044b66.jpg
はいはい、のんびり9時過ぎてますけど・・・朝ご飯。
IMG_54090.jpg
のんきに朝ご飯食べていたから、着替えが終わったら10時半。
IMG_54150_20190713210919807.jpg
天気がいまいちだけど、おでかけで~す!
DSCN80140.jpg
そんなとこにのっかって、何してるやら??高速走ってきて、虫のつぶれたのとかくっついてると思いますけど…
DSCN80190_20190713211046b98.jpg
とりあえず、河口湖目指して東名走行中~
薩埵トンネルを抜けると、前に富士山・・・のはずだけど、この日はほとんど見えていなかった。
DSCN80200_201907132110484f3.jpg
ズームしてみると、雲の上にてっぺんだけ、ちょ~っと出ていただけ。
DSCN80280_20190713214039350.jpg
本栖湖、精進湖の横を通って東へ向かうと、そこは青木ヶ原の樹海の中を通る道らしい。
でも、木がうっそうと茂っている感じでもなく、ご~く普通な感じのとこを走っているだけ。
DSCN80300.jpg
この日1つ目の道の駅、「道の駅 なるさわ」に到着。
ここは富士山を眺望できる絶好のロケーションのはずなんですけど・・・この日はまるっきり富士山が見えなかった。
すぐそこに富士山があるはずなんですけど・・・見えません・・・
DSCN80310.jpg
出発してから1時間半くらい経ってるから、休憩です、休憩。
DSCN80330_20190713215401128.jpg
富士山博物館前にあった、お~~~おきなローズ・クォーツ?
石好き女はシロンと父ちゃんを放置して、博物館に突入します!

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

静岡へ

3月1日の朝~~
IMG_53990.jpg
また、さやの部屋でいたずらされているシロン。
IMG_53950_20190712150219a43.jpg IMG_53970_20190712150221cb7.jpg
そのフード部分はシロンには大きすぎて、ずれすぎ。いまいちに似合っていません・・・
はい、遊んでくれなくていいから、でかけますよ~~~!準備して。
といっても、シロンはトイレを済ませて、ハーネスつけてもらうくらいしかやることありませんけど…
DSCN79770_201907121459274f6.jpg DSCN79820.jpg
荷物の準備はできてます!だれか、これを持ってください!!
はい、自分ではお散歩セットも持てない犬。お付きの者がシロン様のお荷物は持っていきます・・・
これ以外にも人間の服やシロンのトイレ、ペットシーツ、ご飯・・・いろいろ荷物はあるけど、すでに母がせっせと車に積み込み済み。
目の前に車がある戸建て住宅と違って、下の駐車場まで荷物を運んでいかないといけないので、出発準備に時間と労力が必要です。
出発がもう昼の12時に近かったから、新名神、東名阪、伊勢湾岸道、新東名のルートで高速を走るだけ。
さやは原付免許しか持ってないので、車は運転できません・・・
P_201903010.jpg
3月17日に開通予定の新名神の亀山西JCT辺り。
この手前が工事のための車線規制で渋滞中だったので、そこを抜けたら、ちょっとずつしか車が入ってこられない分、前はしばらくすいている。
ここで、シロンが急にそわそわし始めた。トイレに行きたいわけではありません!
新しく作っている道路の上を工事している人たちが歩いていたので、高速道路の上を人が歩いているのって珍しいねー(ってまだ、工事中で車は走っていませんけど…)って言ってたら、シロンが話に加わりたくて、上の方を見ようと努力していたらしい。
P_201903011.jpg
もともとの新名神が地面からけっこう高いとこを走っているのに、さらに高いところから引っ張ってきてますよ、この道路。下から見たら、かなり長い橋脚なんじゃなかろうかと・・・
2008年に新名神が開通した当時はこの先の東名阪道がひどくて・・・今は狭い狭い3車線道路になっているけど、当時はずっと工事していたので片側1車線しかなくて、狭くて混むとっても困った区間だった。工事が終わって3車線になっても、狭くて圧迫感あるから、走りにくーい嫌いな高速道路。伊勢湾岸道に出ると一気に道が広くなって走りやすいけど、東名阪は狭くて走りにくい。
で、この時はまだ開通していなかったけど、新名神ができて四日市まで新名神で行けるようになったから、もう東名阪を通らなくていいんですね~
DSCN79840_2019071214593034e.jpg DSCN79860.jpg
新東名の浜松SAです。
うちは旧市街地だから、昔からある東名の静岡ICの方が近いけど、道がきれいな新東名の方にしてみた。
それに、この日から一部区間の上限が120㎞に引き上げられたから、それもあって新東名で。
世間ではやたら男女平等とかいうけど、高速道路を走っている車を運転している男女比は9:1くらいじゃなかろーか?ってくらい女の人が少ない。身体能力に差があるのは事実なんだから、なんでもかんでも平等って言ってもね~・・・とくに医大の入試で成績順に取って女性が増えたら、なにかといろいろ厄介だと現役の医者も言ってるし、実際にそうだと思います・・・
学力は優れていても、体力は男性に劣る女性が多いですから・・・入試項目に運動能力試験でも追加して、不正とかいわせずに調整すればいいのに。
小学生サイズしかない母でもアクセル踏んだら車が120㎞は出してくれるので、高速を車で走ることはできるけど、あまり車間のない位置で車が横から飛び出してきたとか、風に煽られて車が横に滑り出したとかなった時に対応できるかどうか…男の人はそういう時に事故を避けようという反応をするけど、女の人は動けないでそのままぶつかってしまう人が多いらしい。だから、危険度の高い高速で運転する女の人が少なくなるのでしょう。一般道とはスピードが全く違いますから・・・
一般道なら上限60㎞だけど、高速道路じゃそれはほぼ最低速度…誰もそんなスピードで走っていない。新東名120㎞引き上げっていうけど、実際には3車線ある高速だと左端80㎞、真ん中100㎞、追越車線は120㎞で走っている車が多い気がするんで、上限120㎞にしたら140㎞くらいで走っていく車が増えるってことでしょーかね。
DSCN79950.jpg
藤枝岡部ICで下りて、バイパス通って、家に到着。
以前は静岡SAのスマートICから出てみたり、新清水JCT経由でぐるっと回って清水側から静岡ICを出たり(この方法は認められているので違反ではない)したけど、一番手っ取り早くて道がわかりやすいのが、手前で下りて1号線のバイパスを使うこと。
新東名の藤枝岡部ICで下りて、まっすぐ南下すると東名の焼津ICに行けるけど、この部分は高速じゃないから焼津―静岡の高速代は別途必要。それに、うちはそんな海側に家があるわけではないから、高速まで南下するのは無駄。
途中から1号線の藤枝バイパス(無料)に入れば、しばらくは信号もなく自動車専用道を走っていけるから、新東名の静岡SAから出るよりも高速を降りてからが快適なのだ。
しかも、東名の静岡ICから出るとどの時間帯でもたいてい市内に向かう車の渋滞に巻き込まれるけど、こっちはうちが使う区間はすいていることが多い。いつも渋滞している区間に入る前に、バイパスは出ちゃいますから…そこからほぼ一本道で家につく。
DSCN79980.jpg
光が少ないのか、ぶれっぶれの写真。
チンっと座って待つシロンを無視して、もしゃもしゃとおやつをむさぼる姉。
残念ながら、さやが食べている物体はとても味が濃いので、シロンくんはもらえません。
DSCN80020.jpg
あきらめて、隣の部屋で寝てた。
この引っ掛かりのない板張りがシロンくんは苦手で、ツルツル滑ってしまって歩きにくいのに、なんでそこで寝ていたのか?もらえなくて、すねちゃったのか??
でも、座布団があるから、さやがそこで寝るよーにって言ったんでしょーか。普段、こんなとこに座布団ありません・・・

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

怠惰な犬

2月19~25日のシロン。
IMG_53630_20190711095834809.jpg IMG_53680_20190711095835604.jpg
いつもの寝場所かさやのベッドの上を行ったり来たりしているだけですけど・・・
IMG_53690_20190711095855540.jpg
真冬なので、この時はふわふわ暖かそうなもののある場所にいるけど、今は玄関かわずかにフローリングが出ているとこを探して移動している。冷たい場所は知っている犬。自分の体温で温かくなってきたら、移動、移動。
IMG_53780_20190711095857938.jpg
この時は冬ですから…あったかくして、寝ます。
IMG_53820_20190711095858026.jpg
でも・・・そこってカーテンは閉まっているけど、冷気が入り込んできそうな窓のすぐ横なんですよ。
換気扇回すのに小窓を開けていると、そこから冷た~~い風が通っていく場所。
ぬくぬくしているように見えて、じつは暖かい場所ではなく、冷たい風の来る場所を選んで寝ていたりして・・・
IMG_53840.jpg
電源の入っているこたつの中には絶対に入りません!
IMG_53850_2019071109595939e.jpg
さやのベッドの上で困り顔のシロン。
また、ヘンな服を着せられている。どうみても、人間の服でしょ、それ。
IMG_53880.jpg
おっさんの肌着みたいに見えるから、早く脱いでください!
実際にはさやのチビTだと思うけど、白で、こんな感じは・・・下着にしか見えない。
DSCN79600.jpg
シロンくんは毛が美しいんですから、それを隠してはダメです。
さやがシロンの体重のうち、2㎏くらいはこの毛皮の重量だろうと言っている。お店でペットカットにされていたのを、伸ばしっぱなしにしたら3㎏くらい増えたんだけど…
多少の中年太りはあったよーな気もするけど、それほど肉厚でもないのに重くなったのは、毛皮の重さだと。
ムートンも上質なものは下の皮が分厚くてそこで支えてくれるから、毛が密になって重量があるっていいますから…このしなやかで柔らかい毛の重みと、それをささえる皮膚の重さもあるかと。。。乾燥わかめみたいに、乾燥して手触りの悪い毛は軽いだろうけど、これはけっこう重い毛だと思います。
DSCN79630.jpg
キッチンに置かれているだけでいまいち使われていなかったワゴンをさやの部屋に持って行こうと思って、洗って乾かしていたら、入り込んでいる犬が・・・
DSCN79670.jpg
狭いとこが好きですから。。。こんなとこで寝ていた。
DSCN79690.jpg
いえいえ、起きてますよ~~!
DSCN79710.jpg
電車に乗る時に使っているバッグの内寸より若干小さめな感じだけど、シロンには縦横ちょうどいい感じなのかもしれない。
バッグと違って開放的ですし、顎置きもあります!

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

姉のお相手中

翌日・・・また、さやのベッドの上にシロンがいた。
けど、表情暗いですねー 写真も暗い…
IMG_53510.jpg
通常は足の踏み場がなくて進入不可なのだが、エアコンをつけてもらうのに部屋の荷物をぜ~~んぶ兄ちゃんの部屋に放り込んで、そのままもとに戻していないものがたくさんあるから、シロンが入っていけるスペースが残っていた、この頃。(今はまた床が見えないほど物が転がっていて進入不可)
IMG_53520_20190710131725efe.jpg
ベッドの上でちんまりとかたまる犬。
IMG_53530.jpg
さやのスカートの中に入れられて、動きが止まっている。
IMG_53540_201907101317532d9.jpg
嫌そうですねー
IMG_53560_201907101317556ec.jpg
さやがこのスカート、はいてるとこ見たことありませんけど・・・
IMG_53570.jpg
中学生くらいの時にLIZ LISAやLIZ LISA doll の服が入っているセットのバッグが欲しくていくつも買っていた。(服が入っていてもバッグ分くらいの値段なので…) 中の服はデカすぎて着れないのに、バッグ目当てで買ったのがたくさんあるのですよ。
これはウエスト部分が太いゴムだからはけそうな雰囲気だけど、ここのブランドのほとんどのスカートがウエストが超太くて、母やさやだと腰でも止まらずにストンっと落ちてしまうというとんでも設計。今時の子ってそんなに寸胴、極太ウエストなんだろうか?と心配になるサイズ感だった。
IMG_53580_2019071013175871a.jpg
シロンくんにフィットしているよーに見えますけど・・・シロンの体の一番太いとこは毛ごとはかって50㎝以上あったような気がする。
このブランドのウエストが50㎝台ってことは絶対にないから、シロンのお腹の下に余った部分はたたまれて隠れているのでしょう。
母は若い頃のウエストが52cmで、一般の服では大き過ぎ~だった(今でも一般の中年女性と違って、60もありません・・・) シロンの胸周りの一番太いとこと似たようなもんじゃん。ま、シロンの50㎝は毛の上からはかった胸囲であって、ウエストはもっと細いけど。ちなみに、うちの母親はウエストではなく太ももの周囲が60㎝以上という驚異のサイズだった。
IMG_53610_201907101317591b0.jpg
このスカートはとても気に入らないようで、まるっきり動かないシロンくん。
IMG_53410_20190710131639ec7.jpg IMG_53420_201907101316407a4.jpg
これは、またべつの時。自分の座椅子でくつろいでいたら、さやにつかまったシロン。
IMG_53430_20190710131642492.jpg IMG_53450_20190710131643a7b.jpg
ひっくり返されて、ずるずるっと引っ張られる犬。
このおねーさんが7歳の時にシロンはきたから、けっこう無茶されてきた。小さい子がいると、骨が貧弱なポメラニアンは引っ張られたり、踏まれたりして骨折の危険度UPって言われるけど、この犬は骨太頑丈ポメラニアンでそういう心配はしなくても大丈夫だったのは、よかった。あちこち掴んでも怒らないしー 
近所の子供たちは自分より下の存在だと思っているから、顔を鷲掴みされようが、耳をひっぱられようが、じっと我慢するシロンなのだ。けど、子供たちも犬に近付いて、いきなり掴んだら、自分が噛みつかれるかもしれないって思わないんだろうか?シロンのことはぬいぐるみかなんかだと思っているよーな…
IMG_53480_201907101317215ed.jpg
さやにこねまわされているけど、意外に機嫌はよいようだ。
IMG_53490_20190710131722329.jpg
前足ぴょこぴょこ、遊ばれてる。。。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

さやの部屋で

さやの布団で寝る犬。
IMG_53010_20190709165107898.jpg
いや、寝そべっているだけで、寝てはいないけど・・・
IMG_53090_20190709165108f0c.jpg
顔はボ~~っとしているから、眠いのかもしれない。
IMG_53170_20190709165110243.jpg
起きてます!!
横に置いてあるオレンジ色の物体は電子レンジで温めて使うジェル。
この前、父ちゃんがIHヒーターで腕を丸焼きにして移植手術をしたけど、湯たんぽでじわじわと中までじっくり焼いてしまって真皮まで損傷するⅢ度熱傷になる人がけっこう多いらしい。危険物ですね、湯たんぽ。
父ちゃんは高温で焼いたから、外側の皮膚は真っ黒くなって、触ったらボロっと取れてなくなったそーです。取れた皮膚の下は白く変色していて、痛みを感じなかったんだと。
IMG_53230_20190709165043068.jpg IMG_53280_20190709165045f1b.jpg
上の写真から10分ほど経過して、さやが呼ぶので行ってみると、こんな格好のシロンがいた。
IMG_53350.jpg IMG_53370_20190709165048d72.jpg
狭苦しいスツールの上に座って、嬉しそうなシロン。なぜか高いとこが好き。
14歳の老犬、ここから床に飛び降りるんですけど・・・危険です!ベッドの方に飛び移ってから、床におりてください・・・

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

頬被り

あら奥様、ごきげんよう・・・
IMG_52890_20190708113126bc1.jpg IMG_52900_20190708113128d62.jpg
煮物と生野菜を前に、むかしくさいかっこうの犬登場。
母世代では頭に巻くってことはしなかったけど、もう一世代上の人たちは昭和20年代の終わりに「真知子巻き」ってのが流行って、こんな格好をしていたそうです。
シロンの場合、どっちかというと頬被りして風呂敷背負ってる泥棒の真似かな。
ペット用のコスプレグッズが売られているみたいだけど、これは前に買った京都の料亭弁当が包まれていたもののよーな気がする。
IMG_52920_2019070811312978b.jpg IMG_52930.jpg
昭和20年代??僕は平成ボーイですけど!!うちの家の中で唯一、21世紀に入ってから生まれているのに~~
人間年齢に換算すると70過ぎだけど、14歳。。。2005年生まれです!
9がつく方が世紀末っぽいけど、世紀の終わりって00年なんで・・・2000年で20世紀が終わって、2001年から21世紀です。
IMG_52950.jpg IMG_52960_20190708113142e50.jpg
このプリティーさで70過ぎってことの方が、謎だ。見た目が若すぎる。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

食べにくそう

IMG_52620.jpg
めいっぱい首を傾けて食べる犬。
IMG_52640[
しかし、このサイズでも一口でパクっといけないお上品な口。
IMG_52650_20190707141248d8c.jpg
目の前にあるケーキが口に入ってこないので、悩む犬。
IMG_52670.jpg
犬食いではなく、前足を使ってみた。。。どりゃ~~!!
けど、結局、何も取れなかったシロン。
IMG_52680.jpg IMG_52700.jpg
やっぱり犬は犬食いですね!口でガブっといく。
人間さんにお皿を回転させてもらって、食べやすい位置に移動してもらっている。
IMG_52720_20190707141351b8d.jpg
あ・・・ケーキ落ちた・・・なシロンくん。
IMG_52770.jpg
おとなしく座って食べていたのでは皿の上のケーキがうまく食べられないと分かった犬は、立ち上がった。
上から攻めたら、食べやすい。
IMG_52780_20190707141141eb7.jpg IMG_52810_20190707141143e58.jpg
一気にペースが上がって、もしゃもしゃケーキを食べるシロン。
でも、やっぱりいちごは避けてありますねー好きではないのだ。
ケーキのいちごは洗わずに使うっていいますから…農薬ついたままの果物を好んで食べてくれなくていいです。
IMG_52820_20190707141144613.jpg IMG_52850_20190707141212b79.jpg
朝からケーキも食べてお朝寝中の犬。
IMG_52860_20190707141214f1e.jpg IMG_52870_20190707141215174.jpg
の~んびり、じいちゃんモード。
若くないんで、部屋中走り回ってくれなくていいから、おとなしくしていてください。。。いまだに落ち着きなく走り回ってますけどね…
今日も何を思ったのか、60㎝くらいのとこから飛び降りて、ずっこけていた。
気は若いけど、体はじいちゃん化してきているので、危険、危険。その後も普通に走り回っているので、とくに問題はなかったようだけど…14歳は若くないですよ。今日で「14歳4ヶ月22日」なので、人間年齢73歳と出ていた。

テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

またケーキ

ケーキ追加!
IMG_52430_20190706144622ff9.jpg
ではなく、これは翌朝。本日中にお召し上がりくださいの生ものだけど、自己責任で次の日に食べてもいいでしょー
IMG_52450_20190706144623b7a.jpg
この日はナポレオンパイのようです。パイというには、ちょっとしっとりし過ぎているようにも見えるけど。
IMG_52500.jpg
シロンくんはご機嫌です。
ナポレオンパイは一里山のフルレットドゥースのものが皮パリパリ、カスタードも絶品で隠れた名店だったのだが、何年か前に閉店してしまった。しばらくしてから再オープンしたけど、味が変わってしまって・・・前の時ほどおいしくない。残念・・・あそこのナポレオンパイが一番好きだったのに~~今は味が違って同じものが食べられないのです…
IMG_52520.jpg
ピントがどこにもあっていないーー
後ろが汚いから背景ぼかすのに絞りを開いているから、1点にしかピント合わないのに、シロンが動くからですね…
IMG_52540_20190706144628ae6.jpg
ぱくっといこうとしたけど、思いとどまった犬?
IMG_52550.jpg IMG_52560_20190706144706f7f.jpg
違うんです、大きいままじゃ食べたくても、食べられないんですーーー
IMG_52570_20190706144707547.jpg IMG_52590.jpg
ぐちゃぐちゃっと小さくしてもらってから、食べ始める。
IMG_52600_2019070614473214a.jpg IMG_52610_20190706144733760.jpg
すごい角度に顔が傾いてるけど、手を汚したくないので、頑張って自分で食べてちょーだい。
っていうか、横にいるさや、お皿を食べやすい位置に持って行ってやってくれ。ものすごく食べにくそう。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

ステーキ!ケーキ!!

あちこち崩れた越前海岸を通り抜け、敦賀から北陸道へ。
賤ケ岳のSAでさやに鯖寿司を買って、帰ってきた。
↓ お疲れですね、シロンくん、顔がヘンです。
IMG_51780.jpg IMG_51800_20190705101251963.jpg
いえ、元気です!!
シロンくんは牛のステーキです!ステーキというには薄いけど・・・ステーキ肉は厚みが2㎝くらいある方がジュ~シーでおいしい。これ、ぺらぺら・・・
IMG_51860_2019070510125356c.jpg IMG_51890_20190705101255bbc.jpg
待ってなくていいから、食べてくださいよ~~
といっても、小さく切ってもらわないと、食べられないシロンだった。
つけあわせは温野菜…というか、人間のおでん用に煮た大根とにんじんを味付け前によけておいたヤツ。
IMG_51870.jpg
お姉さんは肉より魚を好むので、鯖寿司を用意しました、どーぞ~~・・・僕は食べませんが・・・って感じのシロン。
シロンは魚の中では鯛が一番好きらしい。鯖は食べたことないような気がする。
さやは京都のいづうの鯖寿司(高い!)が好きなのだが、これは聞いたことのない三太郎の鯖寿司・極上。余呉にお店があるようだ。
脂がのった希少で特大の鯖を秘伝の技で鮓〆にしいい塩梅に仕上げました…って書かれていて、他の鯖寿司の倍ほど高かったので(といっても、いづうと比べると半額)、試しに買ってみた。
けど、持ち帰って裏側を見ると、酢、砂糖、塩といった普通の調味料の他に、発酵調味料、トレハロース、アミノ酸等、酸味料、甘味料(サッカリンNa)、保存料(ソルビン酸K)、着色料(赤106 赤102 黄5)、保存料(安息香酸Na)と添加物がてんこ盛り。
SAで買って長時間持ち歩く人がいるから保存料たっぷりなのかもしれないけど、冷蔵庫もない時代に若狭から京都まで歩いて運んでいた鯖を使って作った寿司に、こんな添加物はいりません!ここのは買わないようにしないと。なんで寿司に着色料まで必要なのさ??余分なもの、入れ過ぎです!
IMG_51950_20190705101349569.jpg
肉はあっという間に平らげ、食後にケーキです。
はて?このケーキはいつどこで買ったのだろう?朝から福井に行っていて、途中で買うとこなんかどこにもなかった。
IMG_52030_20190705101350155.jpg
シロンくん、顔がだらしなさすぎーー顎上げない、舌出さない!!
IMG_52111.jpg
母が買った記憶がまったくないので、きっとさやが京都駅で買ってきたのでしょう。アンテノールのケーキっぽいし、家の近所でこんなケーキは売っていない。
さやに確認してみたのだが、さやも記憶にないらしい。でも、シロンのためなら京都まで買いに行ったかもしれない…と。
いや、さやがシロンのためでもわざわざ買いに行くはずがない。たまたま学校に行っている日だったよーな気がする。
IMG_52161.jpg
ケーキの上に無理矢理「14」の文字ローソクをのせたけど絞りが足りなかったようで、はっきり写ってない。
IMG_52221.jpg
目の前にケーキをおかれても、ガブっと食べには行かない犬。
たんに、なんでもデカいまま食べられないだけですけど・・・小さく切ってもらわないと、食べられません・・・という情けないわんこ。
IMG_52381.jpg
モンブランまで出てきた?さやが選ぶようなケーキには思えないな。さやが買って帰って来たんじゃなかったのか??
この日の行程の中でケーキを買える場所なんかないし、家についたのが8時過ぎてたから、前日からケーキを買っておいておくなんてことはしないんで、その日にさやが買ってきたとしか思えないのだが…なぜ、モンブラン?
このモンブランとアンテノールのモンブランの写真を比べてみると、そっくりなので…やっぱりこのケーキはアンテノールで買ってきたもののようだ。いちごのショートケーキも同じ感じー
IMG_52410_2019070510142371f.jpg
待たされて、シロンがもらえたケーキはこれだけです!
犬用に特別に作られたものではなく、いつの頃からかシロンは人間用のケーキをそのまま食べている。それまでは、さやの手作りのさつまいもケーキとか。
イチゴは好きじゃないのに、白いクリームのケーキを買うと、たいていイチゴがはさまったり、のっかったりしているのだった。安物だと、中にイチゴは挟まっていないのが多いけど、これはご丁寧に中にもイチゴが入ってる・・・イチゴ好きじゃないのに…な、シロンくん。
シロンが使っている食器はロイヤル・アルバートのムーンライトローズ。阪神淡路大震災で母の食器コレクションはほとんど割れてしまったのだが、このケーキ皿だけは数枚残っている。カップ&ソーサーはどれもほぼ全滅…このシリーズ、もうイギリスでも扱いがないようだ。一番のお気に入りだったスイートヴィオレットはずいぶん昔に廃版になってるし…イギリスの老舗って何年経っても同じ柄が買えて割れても買い足しできるっていうから買ったのに、次々シリーズがなくなってしまったのだった。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

あちこち崩れていた

軍艦岩から海沿いに国道を南下すると、崩壊現場と海の上に臨時で作られた迂回路が見えてきた。
DSCN79300.jpg
写真には迂回路は見えてませんね・・・信号の向こうに崩壊現場が写っているだけ。
迂回路はそれほど狭い道ではないけど、直角に道が曲がっているので片側交互通行なのだ。
真冬の平日の昼間で前から車は来ないけど・・・ただいま信号待ち中ー
DSCN79320.jpg
去年の7月7日の大雨で海岸沿いの山の斜面が崩壊して、国道が何ヶ所も通行止めになったのだ。
越前海岸で土砂崩れの情報は知っていた。だから、復旧しているかどうか確認してから来た。
DSCN79340.jpg
土砂を取り除いてもとの道を通行可能にするのではなく、崩壊現場は残したまま、海の上に道を作って通れるようにしてあった。
敦賀から東尋坊の方に行ける海岸沿いの一般道で、道沿いに民宿とかあるのに、この道が通れなかったら商売あがったり…ですから…早く通れるようにしないといけなかったのでしょう。といっても、この橋が開通したのは10月31日なので、去年の夏休み中はこの辺り通行不可だったようですけど。
DSCN79410.jpg
土砂の下に道が隠れているのでしょうけど、見えない。車が中に埋もれているってことはないのだろうか?
静岡の大崩海岸のロックシェッドがあったところに土砂がなだれこんで、車が埋もれたままになってましたから・・・で、その現場を放置して、海の上に石部海上橋を作ったんですよね。もともとの道は使用されなくなって放置されているけど、ここの橋は仮設で土砂を撤去して道を復旧させるらしい。
DSCN79420.jpg
橋の姿が全然写ってないけど(他で調べたら上空から撮ってるわかりやすい写真があると思うけど)、直角のクランク・・・教習所みたいな橋です。
直角の道を曲がって海に出て、2回直角を曲がって、最後にもう1回曲がってもとの道に戻る。
この仮設橋の建設費が4億円だとか。。。カニを食べにきてもらうのに、とにかくその時期までに通れるようにしないといけなかったらしい。
でも土産物屋とかお店が全然ないから、今回まるっきりこの辺で買い物はできませんでしたけど・・・自販機でジュース買っただけ。道の駅はあるけど、あそこは魚臭いので無理・・・うちは入れない・・・
DSCN79450.jpg
越前岬の手前、呼鳥門の近くと思われる場所に駐車場があったので、降りてみたら、ここも柵が壊れていた。
IMG_51590.jpg
なぜかそこで立ち止まってますけど・・・その後ろ、柵が壊れてますよ、シロンくん。
IMG_51610_2019070414022893f.jpg
シロン目線じゃ見えないだろうけど、ちょいと上から見下ろすと、下の海が見える。
このまま落ちると、海にドボン・・・でしょーか。今は明るいからいいけど、暗い時に来ると、落ちる人がいそうだ。
だから、なるべく夜は行動しないようにしてるんですー 高速道を走っているだけならそんな危険はないだろうけど、一般道の知らない場所だといろいろありますから。。。こんなとこから落ちたら嫌ですからね・・・
IMG_51620.jpg
そして、明るくても柵にもたれるのはやめましょう!
よく見かけるんですよ、こういう海沿いの柵が崩落しているとこ。柵があるからって、それに体重かけてのぞき込んだりしない方が無難です。木は腐って折れる・・・
静岡の広野公園は人がたくさん来るけど、そこの金属製の手すりが錆びたのか?根元に近いとこが折れて、上から下までぶら~~んっとなっていたことがある。少し先では釣りをしている人たちの横の手すりが一部外れて海に落ちていた。金属製の手すりでも危険です。
IMG_51660_201907041402317df.jpg
ここ、どこ??
IMG_51670_20190704140232826.jpg
駐車場があったからおりてみたけど、とくに何か名前の付いた場所ってわけではないよーです。
DSCN79490.jpg
お店があるわけでもないし・・・何でしょうね?偽呼鳥門??
形がそれっぽい岩が見えたから、車を降りて歩いてきてみたけど、なんか違ったわ。
IMG_51740.jpg IMG_51741.jpg
普通に駐車場所があったけど、バスの転回場所だったのかも。。。この近くにあったバス停。写りが悪いけど、謎の時刻表・・・朝の6時台に1本だけ武生駅に向かうバスがある。
戻ってくるバスが見当たらない。バスで越前海岸に来るのは無理っぽい。
朝のバスに乗って行った人は、どうやって帰ってくるのだ?こっちに向かって来る便が見つけられなかったのだが…
武生駅ではなく、福井駅とを結ぶ京福のバスがあるみたいだから、そっち側から帰ってくるのかも。
と思ったら、越前岬止まりなので発車の時間が書かれていないけど、武生駅を18:10に出て越前岬に19:20到着の便が1本だけあった。これは通勤通学用で観光客用ではないですね・・・昼間はまったく走っていない。
武生駅18:10に間に合わなかったら、バスで1時間10分の道のりをどうやって帰ってくるのやら?利用客がいるから、運行されているんでしょうけど・・・何人のために1時間10分も走るバスが運行されているのだろう・・・それとも運転手さんの家がここの近くなのかな?平日のみで土日運休のバス路線。早朝に駅の方から時間をかけてバスを運んでくるのも不自然だし、この辺にバスを止めているよーな気もする。
DSCN79530.jpg
止まらずにそのまま通り過ぎたけど、こっちが「呼鳥門」です!
ま、写真で見たら、さっきのヤツも似たような感じですね。
地図上では呼鳥門の南側に越前岬があるのだが、なぜか福井鉄道のバス停の越前岬はこれよりも北側にあった。
DSCN79540.jpg
そして、また土砂崩れ。去年の7月の雨で3ヶ所崩落したらしい。
ここは土砂が取り除かれていたけど、海側の手すりが多数なくなっていた。手すりごと海まで土砂が流れ込んだんでしょうかね?
そういえば、前に来た時、海側に下りるコンクリート階段が外れて海側に転がっていたんですよね…この辺り。前にも崩壊して、階段ごと押し流してたのかも。。。
ちなみに、この辺、越前町血ケ平というなかなか不気味な地名。
RIMG14880_201907041502386c0.jpg
これは4年前に行った時の写真なんだが、左側の危険度高そうな狭い階段があって、その近く、写真では右下に白っぽい物体が転がっているのが、どこにもつながっていない階段の残骸。この階段がどうして外れて、撤去されることもなく放置されているのか謎だったのだが、土砂崩れで壊されたのかもね。土砂は波に持っていかれて、コンクリート片だけが残ったのかも。
DSCN79550.jpg
ここのさらに南、越前河野しおかぜラインの南越前町河野地係から敦賀市大比田地係まで9.7㎞が令和元年7月1日 午前4時30分から全面通行止めという情報が出ていた。ほんの数日前の話ですけど、また別の場所が崩れたようです。

全体的に土砂災害危険地域のようです、越前海岸沿いの305号線。これだけ頻繁に土砂崩れを起こす道だとは。。。
落石注意と書かれていたりするけど、よけられるような落石程度じゃなくて、横の斜面崩壊してます。夏は海水浴やダイビング客でとても賑わっていたけど、この1年であちこち崩れている場所だってのは理解して行った方がいいかも。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

軍艦岩の上だった・・・

砂浜なんかなくて、海からこんな岩が顔を出している。
DSCN79060.jpg
ここから30㎞ほど(道なりに進んだ場合、直線距離だともっと短い)北上すると、東尋坊ですから・・・波が岩を削ってこんな姿にしているんでしょう。
IMG_51500_20190703100453399.jpg
普通に撮ると暗くなって岩の様子が見えないので、明るく撮った。ゆえに空が白い。
DSCN79080.jpg
岩の模様が気持ち悪い。。。
DSCN79090.jpg
東尋坊は「輝石安山岩の柱状節理」だそうですが、この辺もそういう岩なんでしょーか?
堆積岩石にマグマが貫入して冷えて固まった物を波が削った姿?
東尋坊はまっすぐ岩が立っているけど、ここのは斜め向いてるように見えるから、波に押し倒されちゃってます?
IMG_51530.jpg
父ちゃんもシロンも母も地層や岩に興味はありません・・・
皺の寄った岩みたいに見えるこれは、薄っぺらそうに見えるとこも、カチカチ硬いです。
福井市自然史博物館のHPにちゃんとした解説が載っていた。 越前海岸・地学ガイド
 ここでは越廼村と書かれているけど、越廼村は10年以上前の2006年に福井市に編入されている。
 越廼村の表記になっているってことはそれ以上前に作られたHPなのか?
現地には「軍艦岩」と表示されていたけど解説には「軍艦島」と書かれている。 軍艦島
この岩はマグマとか関係なさそーですね・・・東尋坊とは作りが違うのか・・・
けど~~昔は軍艦島と記されていた場所を「軍艦岩」と国が表記したのなら、沖ノ鳥島を島ではなく岩だって言ってる中国に反論できなくなっちゃいそーですけど・・・ これはこっちの本土とつながっているから、島ではなく岩なんでしょうけど。
IMG_51550_2019070310045672a.jpg
2月だから日没はあと30分くらいのような気もするけど、太陽はまだ出ている。でも、暗い。
DSCN79130.jpg
冬の日本海~~~
岩は詳しくない母には、固まった泥にしか見えないんですよね・・・ここの岩。
知多半島に行った時にもこんなヤツの横広バージョンがあって、それもやっぱり硬かった。でも、こんなゴツゴツに削れていなくて、なだらか~な広い平面になっていたから、シロンがそこから砂地に向かって飛び降りてましたけど・・・ここは全体がゴツゴツなんで滑ってひっくり返らないようにそろそろと移動しないといけなくて、とてもぴょ~んっと飛び跳ねるようなとこではない。
DSCN79190.jpg
これが一番明るく写った軍艦岩のような気がする。
こっちって船の船尾側から撮っている状態のように思える。でも、前側から撮れるようなとこがないのよね・・・向こうからだと、手前のテトラポットが邪魔してたような気がする。
Googleの地図で見たら、橋を渡った向こう側全体が1つの塊で「軍艦岩」と書かれていた。
ってことは、右側に見えている1枚岩のように見えたとこだけじゃなくて、歩いて行ったゴツゴツ岩のとこも軍艦岩の上だったようです。
DSCN79220.jpg
岩への橋を渡る手前、右側には舗装された歩道があったので、そっちに行ってみた。
DSCN79240.jpg
こっちのは軍艦岩の岩ほど硬くなかったのか?なだらか~に削られたよくある潮だまりになりそうなとこの風景って感じ。
DSCN79280.jpg
「南北 100m 東西 40m の堆積岩波蝕棚、生物の痕跡、哺乳類足跡化石が見られる」指定文化財 天然記念物 だそうです。
橋が架けられていて渡れるようになっていたから、べつに入っちゃダメな場所ではないですよね・・・

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

軍艦岩の横

どこにいるのか、いまいちわからないけど、とりあえず写真を撮っておく。
IMG_51200.jpg
軍艦岩の近くのただの岩の上。
IMG_51260.jpg
足場が悪いので・・・母が斜めってる?水平線がまっすぐじゃないー傾き過ぎですわ。
IMG_51300_2019070122114945a.jpg
あ、まっすぐに戻った。
シロンくんも斜めの岩の上に立っているけど、そこは海に落ちる心配はありません。
IMG_51340_20190701221151161.jpg
海の中に直接ドボンっと落ちる心配はないけど、シロンにしたらけっこう斜めな岩の上に乗せられている感はあるかも。
IMG_51350.jpg
ここ、平らじゃありませんよ・・・
DSCN78870.jpg
ちょっと危険な気がします。。。
IMG_51370.jpg
14歳の老犬にしては足腰しっかりしているけど、あまり無理しないでちょーだい。
だったら、乗せるな!!だろうけど。
IMG_51390_2019070122122743e.jpg
でも、いつも同じような家の周りをウロウロしているだけじゃなくて、全然知らないとこでこんなことしているのが刺激になって、若々しい犬でいられるのかもしれませんよ。
IMG_51420.jpg
14歳のじいちゃん犬には全く見えない!って言われます~
IMG_51460_20190701221230a9c.jpg
それにしても、後ろの岩に叩きつける波がけっこう激しくて、背後で危険な感じがします。。。
IMG_51480_201907012212314ac.jpg
ここ、ほんとに大丈夫でしょうか??
DSCN78880.jpg
海底で地震が起きて津波が発生したとかじゃなければ、普通の波は急に乗り越えてこない位置だと思います…
DSCN78960.jpg
それにしても、暗い海だ。これで午後4時過ぎ頃。
RIMG15590_20190702211015619.jpg
この写真は2015年9月に行った時、もう少し南側の越前岬辺り。
太陽が当たって、海は濃~い青。
RIMG15770_20190702211017bba.jpg
この時、シロン10歳!ってことは・・・母50歳。
40の時の子ですの~~高齢出産だわ・・・って、産んでませんけど・・・さやはシロンが母から生まれてきたと捏造している。
ちなみに、今日はさやの誕生日、22歳。
P_201907020.jpg
刺身を分けてもらって、むさぼるシロン。
最初に刺身がた~~ぷりのったさやの皿を前に置かれて、こんなに食べていいの??状態でわくわくしていたシロンだったのに、実際にはちょっとだけ入ったしょぼいしょぼい皿を出されて、かなりショックを受けていた。
おかわりで中トロ2切れさやに追加してもらってたけど・・・食べ過ぎです!今日はさやメインだから、マグロは赤身を買ってなくて、中トロしかなかったのですよ…老犬には脂っぽいかも。
刺身が犬によくないっていう人もいるけど、それは英文を日本語に訳した人がちょっと勘違いしていたせいな気がする。
犬に食べさせる時に注意しないといけない物が書かれた英語の文章を見ると、「淡水魚」の刺身を食べさせてはいけないと書いてあって、日本人が普通に食べている海の魚の刺身をあげたらダメなわけではない。体内の栄養素を破壊するとかいうのは微々たる量なので、気にするほどのことでもない。
この犬、14歳まで下痢もしたことありませんから・・・刺身を避ける理由はないでしょう。
野生動物は自分で火をおこして焼いて食べたりしませんから・・・生で食べるのは普通かと・・・
火を通すと失われてしまう成分が摂取できる生の食材は重要だと思います~

今日は「半夏生」だから「タコ」を食べる日です!ってスーパーで盛んに放送が流れていたけど、そんな風習知りません。
いつもいろいろ教えてくれるご近所の70代の女性も「そんな風習知らないわ~初めて聞いた!」横にいた人たちも「知らないね・・・」って。
スーパーの放送では半夏生の日にタコを食べるのが関西の風習だと言っているけど、ここではそういう風習は知らない!とお年を召した方たちが口をそろえて言っている。たぶん、この辺りにそんな風習ないのでしょう。
だって、海のない滋賀県でタコなんかとれませんから・・・タコは海の生き物です!滋賀県にはいません!!どこの風習を押し付けてるの? お食い初めの時にタコを吸わせる風習は京都にはありますけど…
P_20190702.jpg
刺身のあとはケーキ。シロンはパリブレストのシュー皮と生クリームとカスタードクリームといちごを食べました!
まるまる1個じゃありませんけど…1個500円くらいしたけど、こうやってみるとずいぶん小さいパリブレストだ。

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた