赤ちゃんのふり?

IMG_07580.jpg
さやに赤ちゃん抱っこされているシロン。
IMG_07610_2018032918543429c.jpg
寝るーーー 
IMG_07640_201803291854352c6.jpg
ほんとは抱っこされて寝るのは嫌いなんです・・・こっち向けがいい。
IMG_07650.jpg
仰向けは危険、危険・・・

ここから下は昨日の写真。
DSCN57360.jpg DSCN57560.jpg
桜を見に行ってみたけど、暑くて、暑くて~~
DSCN57440.jpg
盛大に舌が出ています。。。あち~~~!
先週末に見た時はほぼ枯れ木状態だったのに、1週間もたたない間にバっと咲いた。なんだか変な咲き方。風情もないわ。

今日も違う川の桜を見に行ってみたけど、う~~ん・・・満開に近い気がするけど、花の数が少ない。木が古いんだろうか?年々花の数が減って、寂しい花の付き具合になっている気がする。
公園からかなり離れたとこにユキヤナギと桜が一緒に咲いていて、シロンが立っていても両方が写るくらい地面に近いとこまで花がいっぱい咲く木があったから、そこまで行ってみると・・・下の枝が全部落とされていて、ユキヤナギ周辺も花がなくなっていて、去年とはまるっきり違う風景になっていた。
川の土手は国土交通省の管理で余分なモノを植えたり置いたりしてはいけないって看板が立ててあることがよくあるから、そこの場所の桜と草花も国にとっては余分なモノで排除しないといけなかったんでしょーかね・・・せっかくのきれいな花がすっかりなくなっていた。弱っている木は枝を切り落とすと復活するっていうけど、その木はとくに弱っているようにも見えなかったけど、下の方の枝がザクザク切り落とされて、堤防上の道に近いところの低い花はぜーーんぶなくなっていた。

そういえば、このところ観光客が急増している河津町の河津桜。
最初の植樹から50年以上経過して、樹勢が衰えてきているらしいのだが、河津川沿いは河川法にひっかかって、桜の木の植え替えができないそうだ。
20年前の河川法改正で、堤防の上や川側の斜面に木を植えることが治水に影響があるとしてできなくなったんだそうで、今植えている木を引っこ抜け!とまではいわれないけど、新しく植えることは認められないようだ。
ってことは・・・今日本各地の川沿いに咲いている桜は、木の寿命が尽きたら、もうそこに桜はなくなるんですね・・・

けどさ、江戸時代に花見が始まったのは、吉宗が隅田川に桜を植えて、花見客が来ることで堤が踏み固められて強くなるから・・・って話で、あちこちの川沿いに桜が植えられたって話だったのに、平成の今は堤防の桜が堤防を弱めるっていう反対の存在になっているんですね。
あちこち有名なソメイヨシノの名所は、そろそろ寿命がきている木も増えているから、昔ほど花が盛大につかなくなってきているかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた