東京湾フェリー

久里浜―金谷を結ぶ東京湾フェリーに乗ってます!(2月15日)
DSCN52910.jpg
小型犬は袋詰めで客室もOKだけど、大きな犬はそのままの姿でデッキにいた。
DSCN52930.jpg
でかポメといっても小型犬、隙間から海に転げ落ちてはまずいので、スリングの中に入っていてちょーだい。
人間が夏服でスリングを使った時はあまり感じなかったけど、もこもこかさばる冬服の上からスリングを使うと、短いわ。
背が低くて、体が薄っぺらい母でさえ、なんか短い。しかも中の犬ももこもこなので、ぱんぱん。
風で髪の毛が顔にかかるので、とりあえずてきとーにとめる母。顔周りも毛だらけのシロンはきっとたいへんでしょう。
DSCN52940.jpg
デッキの上の柵はスカスカだから、小型犬なんか簡単にスポッと通り抜けて落ちてしまうから、おとなし~くしていてちょうだい。
といいつつ、際に寄って下の海を眺めてみたりする。際好きなのはシロンだけじゃなくて、飼い主もか…
こんなスカスカの柵に囲まれたデッキでカートなんか使おうって人がいるのが不思議だ。
船って揺れるんですよー東京湾の中ではないかもしれないけど、くじらやイルカにぶつかる事故とかもあるのに、車輪のついたものに乗せていたら、ストッパーかけていても、ずるずる滑って行ってしまうかもしれないのに、そして柵にぶつかったはずみで犬が海に放り出されるかもしれないのに、カートごと乗せるなんて危機管理能力がないように思うわ。実際に大型クルーズ船で、人間でもけっこう落ちて消えているそーです。
DSCN52960.jpg
神奈川と千葉を結ぶフェリーだけど、東京湾フェリー・・・東京関係ないですけどね・・・向こうに見えるのは神奈川の久里浜港。
横浜からでも結構かかりましたよ、久里浜。電車、バスだと1時間はかかる。東京からだったら、アクアラインで海を渡るか、電車で行く方が早そうな気がする。どういう人が使うフェリーなんだろう?
DSCN52980.jpg
がっつり柱を掴んでいる母。風がすごく強いんですよ~~
写真を撮った後、あまりに風が強いので、一番上のふきっさらしの階ではなく、もう1階下の客室の横の屋根のある場所に避難していたくらいの強風。
DSCN52990.jpg
しかもけっこう揺れるんです!この船。
この日はサイズのあっていない父ちゃんの上着を着ている母・・・といっても、自分のコートを着ていてもぶかぶか感あったりするけど。普通のMサイズや9号ではだぶだぶで借り物の服のようだったりするけど、サイズの合うのを探したり、直してもらうのが面倒なんで、デカいまま着てるし…
DSCN53000.jpg
この日は風が強いので大型の車は載せられないとかって注意書きが出ていた。
???重量があった方が安定感があるような気がするけど・・・軽くして速く走りたいらしい。ふ~ん・・・よくわからん・・・
40分の航路って書いてあったけど、30分程度でついたから、ぶっ飛ばしていたのか??
DSCN53020.jpg
船体がそこそこデカいから、安定感はありますね。。。
シロンは乗ったことないけど(というか犬は乗れない)鳴門から出ているアクアエディがなかなか怖い船だった。小さい船体で渦潮地帯に突っ込んでいくのだが、すごい揺れる。大潮の一番渦のできる時間帯を選んだってのもあるけど…
出港から渦潮の辺りにつくまでは船内の狭い狭いところに押し込められる。乗ればわかりますよ、犬不可の理由。犬だけでなく、大きな荷物も持ち込み禁止ですし。
海中が見える狭い狭い船室で隣の人とくっつくような横並びの一列席にぎゅうぎゅう詰めで連れていかれる。外に出たら、ものすごい揺れる小さい船で抱っこしている犬なんか海中に放り込まれてもおかしくないような激しさ。あれはの~んびり観潮船ではない、気合のいる船なのだ。(東京湾フェリーではなくアクアエディの話) 渦潮観光船の中で値段が高くて予約もしないと乗せてもらえない船だけど、普通の観潮船の方がよいよーな気がする。
スポンサーサイト

テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた