FC2ブログ

おろしてーー

高さは気にならないようで・・・
IMG_47990.jpg
母たちの背よりも高いとこで寝始める犬。
IMG_48010_20190619182741c6b.jpg
柵があるから、落ちないでしょ~~~
IMG_48020.jpg IMG_48040_201906191829172cb.jpg
いや、あなた、そー見えて中身は細いから、その隙間、通れちゃうと思いますけど。
IMG_48090_20190619182742f0a.jpg
え!!
10cmそこそこの隙間を通り抜けていくんだから、そこも押し込んだら抜けるんじゃなかろーかと・・・やらなくていいけど。
IMG_48150_20190619183013f4b.jpg
自分で通り抜けようとしなければ、普通にスポッと落ちることはないと思います。
IMG_48180_201906191830151e1.jpg
ん??
IMG_48200_201906191830175c4.jpg
若干移動して、縦長のとこから鼻を出す犬。
IMG_48220_2019061918301850e.jpg
横につってあるプーさんのサイズを見ると、横の隙間は10㎝はないようだから、たぶんシロンは通れません。
そこの縦の隙間も、びみょ~な感じ。
IMG_48250.jpg
さらに布団の足元側に移動して、隙間から顔を出す犬。
母とさやでは身長が足りないから、そこの上から持ち上げて下ろすのは無理です。
壁際の方に行ったら、でっかい階段がある。そこならシロンでも下りてこられるくらいゆとりサイズの階段なんで・・・その気になれば自力で下りてこられるんですけどね・・・前から下りたいわんこさん。


去年の6月18日は大阪府北部地震、今年は山形県沖と震度6クラスが。。。
大阪の地震の時、うちの辺りは震度5弱で体感ではけっこう揺れたけど、立てかけていた紙切れが落ちただけ。
崖の近くとかではない一般的な場所に建っている建物に被害が出るのは震度6弱以上の場合が多いように思う。
静岡の家にいる時に出くわした震度5強は築50年ほどの古い家だったので、風呂場のタイルが割れたけど、今時の耐震基準の家なら、その程度までは騒ぎ立てるようなことにはならないような気がする。

阪神淡路の時はケタ違いの揺れだったけど、そこまで揺れると、揺れている間は大人でも動けませんから・・・逃げられません。揺れている最中に慌てて移動しようと思っちゃダメです。そこまで揺れてたら、倒れてくる物を押さえようなんてのもダメです。テレビや家具が倒れて来そうになったから押さえた・・・なんてのは、揺れが小さいからできることで、大きな揺れでは無理、無理ーー倒れた家具の下に巻き込まれないように、近付かない方がよいかと。

それ以前に、倒れないように転倒防止措置をしておきましょう。うちは大物家具は天井に突っ張ってあるけど、天井が抜けたらどーしようもないですね。。。阪神淡路の時(芦屋市在住)、鉄骨の高層住宅だったけど、同じ建物の何軒かは天井が抜けて落ちたから、そうなると突っ張ってても意味ない。家具を金具で固定していた人もいたけど、壁ごと引きちぎって倒れたそーです。強い揺れだと転倒防止していても、その上をいってくれた。
静岡の家なんか、古いから天井抜けるだけじゃなくて、倒壊の恐れあり・・・だし。

阪神淡路大震災数年後、地震センターで震度7体験っていうけっこう大きな装置があったから体験してみた。
先にやっていた人たちは警戒して最初から手すりを持って揺れに備えて、それでも大騒ぎしていた。
手すりを持たずに立っていられないのかすぐに手を伸ばせば手すりに届く位置で手すりをもたずに立ったまま震度7の揺れってのを体験してみたけど、単純な揺れ方で最後までその場に立っていられた。
???実際の阪神淡路大震災の揺れはこんなもんじゃなかったです。高い建物にいたから、特殊な揺れが入ってたんでしょーか・・・最初の一撃で重いタンスが宙に飛び上がったんで、人間なんか簡単に吹っ飛ぶ揺れだったと思うんだが・・・

源が海の中だと、やっぱり津波が心配。
日本海の地震というと、中越地震、中越沖地震、能登半島地震・・・と震度7~6クラスの地震が起きているけど、なぜか母の記憶に一番残っているのが昭和58年、秋田沖で発生した日本海中部地震。
今わかる情報で見ると、M7.7と地震の規模は大きかったけど、震源が海の中で陸地での地震の揺れはたいしたことない地震だったんですよ。だから、たいした地震じゃない・・・って思ってしまったのか、海沿いにいた人が津波の犠牲になってしまった記憶が鮮明なのだ。遠足で海岸にいた小学生がたくさん津波に連れていかれてしまったのです…男鹿半島の海岸。
平成に入ってからだと、あまり悲惨な映像は出ないようにしているんだろうけど、昭和の頃はわりと無頓着に現場の様子を流していたんでしょうね、きっと。
スポンサーサイト



テーマ : お犬様とのドタバタ日記
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた