FC2ブログ

頭ぼっさぼさ

12月18日。
IMG_02770_20200326182413c6f.jpg IMG_02810_202003261824147f8.jpg
狭いとこに入って何をしているのでしょう??覚えてませんけど…
箱の上にリードがあるから、お散歩準備中ってとこでしょーかね。

ここからは日が変わって12月20日。
IMG_02830_202003261824474e0.jpg
父ちゃんの布団に埋もれる犬。
IMG_02870_202003261824495fd.jpg
頭の上の毛が爆発してますけどー機嫌はよさそうです。
IMG_02900_20200326182534c8e.jpg IMG_02940_20200326182535081.jpg
布団の重みで耳が押さえられて、普段よりも両耳の位置が近くて変な感じ。
しかも、ほわっとツンツン飛び出している頭頂部の毛が乱れすぎー
IMG_02970_20200326182450ed4.jpg
たしか耳と耳の間にツンツン飛び出している毛があるのが、ジャーマンスピッツ(とくにウルフスピッツ・キースホンド)の特徴だったよーな。
同じ立ち耳でも柴犬なんかは耳の前の毛がすっきりしていて、耳の穴がよく見える。
キースホンドは耳毛がほよほよ飛び出していて、耳の穴が隠れている。
そして、耳と耳の間にもぴょこぴょこ飛び出した毛があって、顔の横の毛と合わせて、まる~い感じ。スピッツ系なのに…
IMG_02990.jpg
これは隠れているというより、押しつぶれていると言った方が・・・
ポメは硬い毛の子とふわふわ~な毛の子、真ん丸目の子とアーモンドアイの子といるけど、単色の丸目、ちょっと大きめでふわふわ柔らかい毛の子はイタリアンの入った系統だと思うんですー
ポメラニアンの祖先はドイツのポメラニア地方のでかいスピッツだと言われているけど、ヴィクトリア女王のお気に入りのポメって、イタリアから連れて帰ってきた5㎏くらいのポメだっていうんだから、ドイツのものと比べて最初から小さいイタリアのポメが原型なんじゃないかと思います…。
IMG_03050_202003261825374cd.jpg IMG_03060_20200326182538258.jpg
イタリア系の子は単色淡色の毛色で顔も似たよーな感じなんじゃないんでしょーか。ヨーロッパではヴォルピーノもポメラニアンと呼ばれていたそうですから。
で、誰かが小さくて貧弱になってしまったポメをプリミティブタイプに回帰させようとして、キースホンドをかけたんじゃなかろーかと。。。色の薄い子には濃い色をかけた方がいいっていうし。
黒も茶色にかえるe遺伝子で茶系の犬に…黒い毛は1本も生えないクリーム系のポメに天使の羽が見られるのって、ご先祖キースホンド説があってるよーな気がします~
スポンサーサイト



テーマ : ポメラニアン♪
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

白龍&ぽんた

Author:白龍&ぽんた
まいにちシロンへようこそ!

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
おすすめ

シロン(動画)YOUTUBE
BISのブログ BISのブログ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
かうんた